球団存続危機も 徹底調査誓う巨人が恐れる「賭博第5の男」

公開日: 更新日:

「野球界浄化、全容解明するためにも協力、事情聴取に応じていただきたい」

 10日、巨人の高木京介による野球賭博関与について、巨人からの告発を受理した熊崎コミッショナーがこう語った。昨年11月に野球賭博で無期失格処分になった元巨人の笠原将生に加え、笠原とつながりがあり、賭博常習者と認定された飲食店経営の「B」に調査協力を仰いだのである。

 ただ、それには困難を極めるだろう。もともと「B」は、巨人やNPB調査委員会の事情聴取に応じていないし、笠原は今月発売された週刊文春で「(巨人)球団とはもう一切連絡を取っていません。まあ、僕らはいなかったことにしたいでしょうから……。少し寂しい気もしますけど、しょうがないですね」と語っている。

 巨人にもNPBにも、警察とは違って強制的な捜査権がない。全容を解明するためには、司直の手を借りざるを得なくなる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る