琴奨菊は満身創痍…次場所「綱とり」で力士寿命が縮まる

公開日: 更新日:

 横綱といえば力士の最高位。朝青龍や白鵬らモンゴル人は別にして、過去の日本人横綱は人格、品格を兼ね備えていた印象が強い。相撲ファンだけではなく、世間の憧れを一身に集めていた。

 が、頂点に上り詰めることが最良とは、必ずしも言えない。初場所を自身初の優勝で飾り、一躍時の人となった大関琴奨菊(32)もその一人だろう。

 自身の誕生日である1月30日に祐未夫人と結婚式を挙げ、今が人生の絶頂期。こうした時は得てして実力以上の力が出るもの。綱とりがかかる次の3月場所を制しての横綱昇進を期待する声が日に日に強まっている。

 ソノ気になっている本人の背中を押しそうだが、問題はその後だ。琴奨菊の体は満身創痍。12年には左足の副側靱帯を損傷し、その影響で右足も痛めている。13年には土俵のフチで胸を強打し、右胸大胸筋断裂で全治3カ月の大ケガを負った。本人も「疲労は弱いところにくる。ヒザも胸も背中もボロボロです」と弱音を漏らしたこともあり、NHK解説の北の富士(元横綱)からは「ボロ奨菊」と呼ばれたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る