• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

琴奨菊は満身創痍…次場所「綱とり」で力士寿命が縮まる

 横綱といえば力士の最高位。朝青龍や白鵬らモンゴル人は別にして、過去の日本人横綱は人格、品格を兼ね備えていた印象が強い。相撲ファンだけではなく、世間の憧れを一身に集めていた。

 が、頂点に上り詰めることが最良とは、必ずしも言えない。初場所を自身初の優勝で飾り、一躍時の人となった大関琴奨菊(32)もその一人だろう。

 自身の誕生日である1月30日に祐未夫人と結婚式を挙げ、今が人生の絶頂期。こうした時は得てして実力以上の力が出るもの。綱とりがかかる次の3月場所を制しての横綱昇進を期待する声が日に日に強まっている。

 ソノ気になっている本人の背中を押しそうだが、問題はその後だ。琴奨菊の体は満身創痍。12年には左足の副側靱帯を損傷し、その影響で右足も痛めている。13年には土俵のフチで胸を強打し、右胸大胸筋断裂で全治3カ月の大ケガを負った。本人も「疲労は弱いところにくる。ヒザも胸も背中もボロボロです」と弱音を漏らしたこともあり、NHK解説の北の富士(元横綱)からは「ボロ奨菊」と呼ばれたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る