琴奨菊は満身創痍…次場所「綱とり」で力士寿命が縮まる

公開日: 更新日:

 横綱といえば力士の最高位。朝青龍や白鵬らモンゴル人は別にして、過去の日本人横綱は人格、品格を兼ね備えていた印象が強い。相撲ファンだけではなく、世間の憧れを一身に集めていた。

 が、頂点に上り詰めることが最良とは、必ずしも言えない。初場所を自身初の優勝で飾り、一躍時の人となった大関琴奨菊(32)もその一人だろう。

 自身の誕生日である1月30日に祐未夫人と結婚式を挙げ、今が人生の絶頂期。こうした時は得てして実力以上の力が出るもの。綱とりがかかる次の3月場所を制しての横綱昇進を期待する声が日に日に強まっている。

 ソノ気になっている本人の背中を押しそうだが、問題はその後だ。琴奨菊の体は満身創痍。12年には左足の副側靱帯を損傷し、その影響で右足も痛めている。13年には土俵のフチで胸を強打し、右胸大胸筋断裂で全治3カ月の大ケガを負った。本人も「疲労は弱いところにくる。ヒザも胸も背中もボロボロです」と弱音を漏らしたこともあり、NHK解説の北の富士(元横綱)からは「ボロ奨菊」と呼ばれたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  8. 8

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る