強弁に場内から失笑も 巨人「声出し」言い訳会見の一部始終

公開日:  更新日:

 選手が自チームの公式戦の勝敗に絡んで現金のやりとりを行っていたとの一部報道を受け、巨人の森田清司総務本部長は14日、東京・大手町の球団事務所で取材に応じたが、これがとても野球ファンの理解を得られるものではなかった。

■「声出し」の金額

 森田本部長は「投手と野手に分かれて行われる試合前の円陣で『声出し役』と呼ばれる(発声担当の)選手が重視されていて運を呼び込んだ」と説明。試合に勝利すれば全員から5000円を受け取り、負ければ全員に1000円ずつを支払っていたという。野球賭博に関与して巨人を解雇された笠原将生(25)が、「チームが連勝すると額が増加する」と証言したと報じられたことには「20万円、30万円という表現があるが、投手12人、野手16人とすると、あくまで6万円から8万円。レートが跳ね上がることはなかったから事実と反する。『拠出金』という表現も違うと思う」と否定。ただ、連勝中は声出しの担当者は変わらず、勝ち続ければ受け取る総額は大きくなったという。20万~30万円には断固抗議し、6万~8万円程度のやりとりなら問題ないと居直った印象だ。「プロ野球選手にしては少額」と何度も繰り返したが、金額の問題では、もちろんない。行為自体が問題なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る