日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強弁に場内から失笑も 巨人「声出し」言い訳会見の一部始終

 選手が自チームの公式戦の勝敗に絡んで現金のやりとりを行っていたとの一部報道を受け、巨人の森田清司総務本部長は14日、東京・大手町の球団事務所で取材に応じたが、これがとても野球ファンの理解を得られるものではなかった。

■「声出し」の金額

 森田本部長は「投手と野手に分かれて行われる試合前の円陣で『声出し役』と呼ばれる(発声担当の)選手が重視されていて運を呼び込んだ」と説明。試合に勝利すれば全員から5000円を受け取り、負ければ全員に1000円ずつを支払っていたという。野球賭博に関与して巨人を解雇された笠原将生(25)が、「チームが連勝すると額が増加する」と証言したと報じられたことには「20万円、30万円という表現があるが、投手12人、野手16人とすると、あくまで6万円から8万円。レートが跳ね上がることはなかったから事実と反する。『拠出金』という表現も違うと思う」と否定。ただ、連勝中は声出しの担当者は変わらず、勝ち続ければ受け取る総額は大きくなったという。20万~30万円には断固抗議し、6万~8万円程度のやりとりなら問題ないと居直った印象だ。「プロ野球選手にしては少額」と何度も繰り返したが、金額の問題では、もちろんない。行為自体が問題なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事