強弁に場内から失笑も 巨人「声出し」言い訳会見の一部始終

公開日: 更新日:

 選手が自チームの公式戦の勝敗に絡んで現金のやりとりを行っていたとの一部報道を受け、巨人の森田清司総務本部長は14日、東京・大手町の球団事務所で取材に応じたが、これがとても野球ファンの理解を得られるものではなかった。

■「声出し」の金額

 森田本部長は「投手と野手に分かれて行われる試合前の円陣で『声出し役』と呼ばれる(発声担当の)選手が重視されていて運を呼び込んだ」と説明。試合に勝利すれば全員から5000円を受け取り、負ければ全員に1000円ずつを支払っていたという。野球賭博に関与して巨人を解雇された笠原将生(25)が、「チームが連勝すると額が増加する」と証言したと報じられたことには「20万円、30万円という表現があるが、投手12人、野手16人とすると、あくまで6万円から8万円。レートが跳ね上がることはなかったから事実と反する。『拠出金』という表現も違うと思う」と否定。ただ、連勝中は声出しの担当者は変わらず、勝ち続ければ受け取る総額は大きくなったという。20万~30万円には断固抗議し、6万~8万円程度のやりとりなら問題ないと居直った印象だ。「プロ野球選手にしては少額」と何度も繰り返したが、金額の問題では、もちろんない。行為自体が問題なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る