強弁に場内から失笑も 巨人「声出し」言い訳会見の一部始終

公開日:  更新日:

 選手が自チームの公式戦の勝敗に絡んで現金のやりとりを行っていたとの一部報道を受け、巨人の森田清司総務本部長は14日、東京・大手町の球団事務所で取材に応じたが、これがとても野球ファンの理解を得られるものではなかった。

■「声出し」の金額

 森田本部長は「投手と野手に分かれて行われる試合前の円陣で『声出し役』と呼ばれる(発声担当の)選手が重視されていて運を呼び込んだ」と説明。試合に勝利すれば全員から5000円を受け取り、負ければ全員に1000円ずつを支払っていたという。野球賭博に関与して巨人を解雇された笠原将生(25)が、「チームが連勝すると額が増加する」と証言したと報じられたことには「20万円、30万円という表現があるが、投手12人、野手16人とすると、あくまで6万円から8万円。レートが跳ね上がることはなかったから事実と反する。『拠出金』という表現も違うと思う」と否定。ただ、連勝中は声出しの担当者は変わらず、勝ち続ければ受け取る総額は大きくなったという。20万~30万円には断固抗議し、6万~8万円程度のやりとりなら問題ないと居直った印象だ。「プロ野球選手にしては少額」と何度も繰り返したが、金額の問題では、もちろんない。行為自体が問題なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る