• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強弁に場内から失笑も 巨人「声出し」言い訳会見の一部始終

 選手が自チームの公式戦の勝敗に絡んで現金のやりとりを行っていたとの一部報道を受け、巨人の森田清司総務本部長は14日、東京・大手町の球団事務所で取材に応じたが、これがとても野球ファンの理解を得られるものではなかった。

■「声出し」の金額

 森田本部長は「投手と野手に分かれて行われる試合前の円陣で『声出し役』と呼ばれる(発声担当の)選手が重視されていて運を呼び込んだ」と説明。試合に勝利すれば全員から5000円を受け取り、負ければ全員に1000円ずつを支払っていたという。野球賭博に関与して巨人を解雇された笠原将生(25)が、「チームが連勝すると額が増加する」と証言したと報じられたことには「20万円、30万円という表現があるが、投手12人、野手16人とすると、あくまで6万円から8万円。レートが跳ね上がることはなかったから事実と反する。『拠出金』という表現も違うと思う」と否定。ただ、連勝中は声出しの担当者は変わらず、勝ち続ければ受け取る総額は大きくなったという。20万~30万円には断固抗議し、6万~8万円程度のやりとりなら問題ないと居直った印象だ。「プロ野球選手にしては少額」と何度も繰り返したが、金額の問題では、もちろんない。行為自体が問題なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る