松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

子供たちの明るい夢まで食っちまうプロ野球にしたのは誰だ?

公開日:  更新日:

 賭博選手を球団が日本野球機構に告発、というニュースを聞いたとき「なにを言いやがる!」と思った。普通の神経なら「悪いのは全部球団であり、責務として自らを告発します」と言うべきではないか。

 巨人の首脳陣が木で鼻をくくったように、「まことに痛切の極み」と言うと、なにやら恨み節に聞こえる。

「悪いのは選手個人であって、組織は被害者である。ケーサツじゃないんだから、調査には限度がある」

 たしかにそうだろうが、そういう悪しき行為を生む土壌を育てちまったという自覚はない。それが、「巨人軍は紳士たれ」だの、「球界の盟主」だの、うちゅくしい言葉にいまだにしがみついてるから裏側の真っ黒けぶりが余計目立つのだ。

 次は誰が危ねえ、だの、現行犯捜しにメディアは余念がないが、そんなことに興味はない(少しはあるが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る