松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

子供たちの明るい夢まで食っちまうプロ野球にしたのは誰だ?

公開日: 更新日:

 賭博選手を球団が日本野球機構に告発、というニュースを聞いたとき「なにを言いやがる!」と思った。普通の神経なら「悪いのは全部球団であり、責務として自らを告発します」と言うべきではないか。

 巨人の首脳陣が木で鼻をくくったように、「まことに痛切の極み」と言うと、なにやら恨み節に聞こえる。

「悪いのは選手個人であって、組織は被害者である。ケーサツじゃないんだから、調査には限度がある」

 たしかにそうだろうが、そういう悪しき行為を生む土壌を育てちまったという自覚はない。それが、「巨人軍は紳士たれ」だの、「球界の盟主」だの、うちゅくしい言葉にいまだにしがみついてるから裏側の真っ黒けぶりが余計目立つのだ。

 次は誰が危ねえ、だの、現行犯捜しにメディアは余念がないが、そんなことに興味はない(少しはあるが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る