• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

子供たちの明るい夢まで食っちまうプロ野球にしたのは誰だ?

 賭博選手を球団が日本野球機構に告発、というニュースを聞いたとき「なにを言いやがる!」と思った。普通の神経なら「悪いのは全部球団であり、責務として自らを告発します」と言うべきではないか。

 巨人の首脳陣が木で鼻をくくったように、「まことに痛切の極み」と言うと、なにやら恨み節に聞こえる。

「悪いのは選手個人であって、組織は被害者である。ケーサツじゃないんだから、調査には限度がある」

 たしかにそうだろうが、そういう悪しき行為を生む土壌を育てちまったという自覚はない。それが、「巨人軍は紳士たれ」だの、「球界の盟主」だの、うちゅくしい言葉にいまだにしがみついてるから裏側の真っ黒けぶりが余計目立つのだ。

 次は誰が危ねえ、だの、現行犯捜しにメディアは余念がないが、そんなことに興味はない(少しはあるが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る