「長嶋さんもカリカリ」V9戦士黒江氏が巨人賭博問題に怒り

公開日: 更新日:

 昨年の野球賭博関与者発覚から始まった巨人の醜聞。今月9日には、4人目の高木京介(26)が謝罪会見を行った。すると、今度は公式戦の勝敗に絡んだ金銭のやりとりなどが発覚。「球界の盟主」は堕ちるところまで堕ちた。V9戦士の黒江透修氏(77)は、一連の問題にはらわたが煮えたぎっているという。

  ◇  ◇  ◇

 巨人の選手が野球賭博をやっていたと聞いた時は、腰が抜けるほど驚いた。

 4人目が出てきた時には、もう昔の巨人ではなくなったな、と改めて思ったのだが、今度は試合に勝ったら、試合前の円陣で「声出し」を担当した者が全員から5000円を受け取り、負けたら全員に1000円を払っていたと聞いて呆れたよ。自分らの試合の勝ち負けでお金が動くわけだろ。バクチと同じじゃないか。

 しかも、プロ野球を統括するNPB(日本野球機構)は、昨年からその事実を知っていたのに「野球協約違反ではない。だから公表しなかった」という判断もおかしいだろ。NPBやコミッショナーは以前から巨人に甘いと言われている。ファンは「やっぱりな」と思ったはずだ。もしも協約違反でなく、チームが盛り上がるなら続ければいいのに「誤解を招くから」と言って巨人はやめたんだろ。それでファンは納得するのかね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る