下馬評低いが…中日「チーム浮沈」のカギ握る吉見の動向

公開日: 更新日:

 昨年まで3年連続Bクラスに低迷し、開幕前の下馬評は決して高くない。

 しかも、4番候補で現在、夫人の出産に立ち会うため米国に帰国している新助っ人ビシエド(27=ホワイトソックス3A)の再来日が当初の16日から延期され、調整遅れは避けられなくなった。谷繁監督は「ぶっつけ本番になるかもしれない」と話すなど、ここにきて不安要素が浮上している。

 しかし、希望の光もある。元エースで二軍調整中の吉見一起(31)が4月中にも一軍昇格する可能性があるというのだ。

「13年、15年に右肘手術をしており、あくまで本人の状態を優先して調整を進めている。去る12日の教育リーグ広島戦では、昨年10月の手術以降、初の実戦登板を果たし、2回1失点だった。ボール自体も悪くなかった。1月時点でそれなりの投げ込みをしているし、状態さえ上がってくれば4月中旬には一軍に戻れるかもしれないね」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る