• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

下馬評低いが…中日「チーム浮沈」のカギ握る吉見の動向

 昨年まで3年連続Bクラスに低迷し、開幕前の下馬評は決して高くない。

 しかも、4番候補で現在、夫人の出産に立ち会うため米国に帰国している新助っ人ビシエド(27=ホワイトソックス3A)の再来日が当初の16日から延期され、調整遅れは避けられなくなった。谷繁監督は「ぶっつけ本番になるかもしれない」と話すなど、ここにきて不安要素が浮上している。

 しかし、希望の光もある。元エースで二軍調整中の吉見一起(31)が4月中にも一軍昇格する可能性があるというのだ。

「13年、15年に右肘手術をしており、あくまで本人の状態を優先して調整を進めている。去る12日の教育リーグ広島戦では、昨年10月の手術以降、初の実戦登板を果たし、2回1失点だった。ボール自体も悪くなかった。1月時点でそれなりの投げ込みをしているし、状態さえ上がってくれば4月中旬には一軍に戻れるかもしれないね」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る