下馬評低いが…中日「チーム浮沈」のカギ握る吉見の動向

公開日: 更新日:

 昨年まで3年連続Bクラスに低迷し、開幕前の下馬評は決して高くない。

 しかも、4番候補で現在、夫人の出産に立ち会うため米国に帰国している新助っ人ビシエド(27=ホワイトソックス3A)の再来日が当初の16日から延期され、調整遅れは避けられなくなった。谷繁監督は「ぶっつけ本番になるかもしれない」と話すなど、ここにきて不安要素が浮上している。

 しかし、希望の光もある。元エースで二軍調整中の吉見一起(31)が4月中にも一軍昇格する可能性があるというのだ。

「13年、15年に右肘手術をしており、あくまで本人の状態を優先して調整を進めている。去る12日の教育リーグ広島戦では、昨年10月の手術以降、初の実戦登板を果たし、2回1失点だった。ボール自体も悪くなかった。1月時点でそれなりの投げ込みをしているし、状態さえ上がってくれば4月中旬には一軍に戻れるかもしれないね」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る