下馬評低いが…中日「チーム浮沈」のカギ握る吉見の動向

公開日:  更新日:

 昨年まで3年連続Bクラスに低迷し、開幕前の下馬評は決して高くない。

 しかも、4番候補で現在、夫人の出産に立ち会うため米国に帰国している新助っ人ビシエド(27=ホワイトソックス3A)の再来日が当初の16日から延期され、調整遅れは避けられなくなった。谷繁監督は「ぶっつけ本番になるかもしれない」と話すなど、ここにきて不安要素が浮上している。

 しかし、希望の光もある。元エースで二軍調整中の吉見一起(31)が4月中にも一軍昇格する可能性があるというのだ。

「13年、15年に右肘手術をしており、あくまで本人の状態を優先して調整を進めている。去る12日の教育リーグ広島戦では、昨年10月の手術以降、初の実戦登板を果たし、2回1失点だった。ボール自体も悪くなかった。1月時点でそれなりの投げ込みをしているし、状態さえ上がってくれば4月中旬には一軍に戻れるかもしれないね」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る