中日・吉見が先発復帰 執刀医が明かす「復活までの13カ月」

公開日: 更新日:

「手術したヒジは問題ない。あとは試合勘を取り戻してくれたら」

 こう語るのは、名古屋スポーツクリニックの杉本勝正院長。トミー・ジョン手術(側副靭帯再建手術)を経て、8日のヤクルト戦で昨年5月以来の先発復帰登板を果たし、5回3失点と好投した中日の吉見一起(29)の執刀医である。

 吉見が右ヒジにメスを入れるのは通算4度目。杉本院長は吉見とトヨタ自動車時代から付き合いがあり、10年オフの右ヒジ遊離軟骨除去手術の際もメスを握った。

「吉見君はプロ入り前に右ヒジの靭帯を手術するなど、『古傷』と闘ってきた。10年オフの手術で2年間は持ちこたえましたが、昨年5月に限界が来てしまった。手術すれば、野球をやり始めた幼少期の頃のヒジに戻る。問題は1年間に設定したリハビリ期間。今年で30歳を迎える吉見君は、若い頃と比べて筋肉が硬くなりやすく、損傷もしやすい。そこをどう乗り越えるかが大事でした」(杉本院長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る