中日・吉見が先発復帰 執刀医が明かす「復活までの13カ月」

公開日: 更新日:

「手術したヒジは問題ない。あとは試合勘を取り戻してくれたら」

 こう語るのは、名古屋スポーツクリニックの杉本勝正院長。トミー・ジョン手術(側副靭帯再建手術)を経て、8日のヤクルト戦で昨年5月以来の先発復帰登板を果たし、5回3失点と好投した中日吉見一起(29)の執刀医である。

 吉見が右ヒジにメスを入れるのは通算4度目。杉本院長は吉見とトヨタ自動車時代から付き合いがあり、10年オフの右ヒジ遊離軟骨除去手術の際もメスを握った。

「吉見君はプロ入り前に右ヒジの靭帯を手術するなど、『古傷』と闘ってきた。10年オフの手術で2年間は持ちこたえましたが、昨年5月に限界が来てしまった。手術すれば、野球をやり始めた幼少期の頃のヒジに戻る。問題は1年間に設定したリハビリ期間。今年で30歳を迎える吉見君は、若い頃と比べて筋肉が硬くなりやすく、損傷もしやすい。そこをどう乗り越えるかが大事でした」(杉本院長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  9. 8

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る