中日・吉見が先発復帰 執刀医が明かす「復活までの13カ月」

公開日: 更新日:

「手術したヒジは問題ない。あとは試合勘を取り戻してくれたら」

 こう語るのは、名古屋スポーツクリニックの杉本勝正院長。トミー・ジョン手術(側副靭帯再建手術)を経て、8日のヤクルト戦で昨年5月以来の先発復帰登板を果たし、5回3失点と好投した中日吉見一起(29)の執刀医である。

 吉見が右ヒジにメスを入れるのは通算4度目。杉本院長は吉見とトヨタ自動車時代から付き合いがあり、10年オフの右ヒジ遊離軟骨除去手術の際もメスを握った。

「吉見君はプロ入り前に右ヒジの靭帯を手術するなど、『古傷』と闘ってきた。10年オフの手術で2年間は持ちこたえましたが、昨年5月に限界が来てしまった。手術すれば、野球をやり始めた幼少期の頃のヒジに戻る。問題は1年間に設定したリハビリ期間。今年で30歳を迎える吉見君は、若い頃と比べて筋肉が硬くなりやすく、損傷もしやすい。そこをどう乗り越えるかが大事でした」(杉本院長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)