綱取りに暗雲…琴奨菊「初黒星」で露呈した脆さと欠点

公開日: 更新日:

 5日目に初の黒星が付いたのが綱取りを目指す琴奨菊(32)だ。

 隠岐の海との一番。立ち合いから得意のがぶり寄りで一気に土俵際に追い詰めたものの、落とし穴が待っていた。土俵際で差し手を引かれ、はたかれたのだ。

 土俵下に落ちたのはほぼ同時。行司はクビをかしげながら隠岐の海に軍配を上げ、物言いがついたが判定は覆らなかった。

 取組後の支度部屋の風呂場からは「あー、くそ」「もったいない」という琴奨菊の声が漏れた。

 がぶり寄りで一気に寄り切るのが身上。「方向性は間違ってない」とは本人だが、決め手がワンパターンだけに、立ち合いの変化や引き技に脆い。型にはまれば力を発揮する半面、そうでないときの欠点を改めて露呈した格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る