綱取りに暗雲…琴奨菊「初黒星」で露呈した脆さと欠点

公開日:  更新日:

 5日目に初の黒星が付いたのが綱取りを目指す琴奨菊(32)だ。

 隠岐の海との一番。立ち合いから得意のがぶり寄りで一気に土俵際に追い詰めたものの、落とし穴が待っていた。土俵際で差し手を引かれ、はたかれたのだ。

 土俵下に落ちたのはほぼ同時。行司はクビをかしげながら隠岐の海に軍配を上げ、物言いがついたが判定は覆らなかった。

 取組後の支度部屋の風呂場からは「あー、くそ」「もったいない」という琴奨菊の声が漏れた。

 がぶり寄りで一気に寄り切るのが身上。「方向性は間違ってない」とは本人だが、決め手がワンパターンだけに、立ち合いの変化や引き技に脆い。型にはまれば力を発揮する半面、そうでないときの欠点を改めて露呈した格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る