• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綱取りに暗雲…琴奨菊「初黒星」で露呈した脆さと欠点

 5日目に初の黒星が付いたのが綱取りを目指す琴奨菊(32)だ。

 隠岐の海との一番。立ち合いから得意のがぶり寄りで一気に土俵際に追い詰めたものの、落とし穴が待っていた。土俵際で差し手を引かれ、はたかれたのだ。

 土俵下に落ちたのはほぼ同時。行司はクビをかしげながら隠岐の海に軍配を上げ、物言いがついたが判定は覆らなかった。

 取組後の支度部屋の風呂場からは「あー、くそ」「もったいない」という琴奨菊の声が漏れた。

 がぶり寄りで一気に寄り切るのが身上。「方向性は間違ってない」とは本人だが、決め手がワンパターンだけに、立ち合いの変化や引き技に脆い。型にはまれば力を発揮する半面、そうでないときの欠点を改めて露呈した格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る