綱取りに暗雲…琴奨菊「初黒星」で露呈した脆さと欠点

公開日: 更新日:

 5日目に初の黒星が付いたのが綱取りを目指す琴奨菊(32)だ。

 隠岐の海との一番。立ち合いから得意のがぶり寄りで一気に土俵際に追い詰めたものの、落とし穴が待っていた。土俵際で差し手を引かれ、はたかれたのだ。

 土俵下に落ちたのはほぼ同時。行司はクビをかしげながら隠岐の海に軍配を上げ、物言いがついたが判定は覆らなかった。

 取組後の支度部屋の風呂場からは「あー、くそ」「もったいない」という琴奨菊の声が漏れた。

 がぶり寄りで一気に寄り切るのが身上。「方向性は間違ってない」とは本人だが、決め手がワンパターンだけに、立ち合いの変化や引き技に脆い。型にはまれば力を発揮する半面、そうでないときの欠点を改めて露呈した格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る