犠打きっちり好機演出 前田は打撃アピールでキャンプ締め

公開日: 更新日:

 ルーキー右腕が打席でも非凡さを見せつけた。

 ドジャース・前田健太(27)が27日(日本時間28日)のレッズ戦に登板。5回3分の1を4安打3失点(自責2)だった。

 キャンプ地アリゾナ州での最後のマウンドは三回、味方の拙守から失点した。六回は1死から3番ボットー、4番デュバルに連打を浴びて降板。後続が打たれて前田に失点がついたものの、まずまずの内容でキャンプを締めくくった。

 この日はレギュラーシーズンを見据えて初めて打席に立ち、持ち前の打撃センスを披露した。1点の先制を許した直後の三回。1死一塁で打席に立つと、相手の先発でベテラン右腕サイモンから捕手の前に転がす送りバントをキッチリ決めて好機を演出。続くクロフォードが中前適時打を放ち、同点劇をお膳立てした。

 前田はキャンプ中の打撃練習では何度となく柵越えを放つなど、本職の投球に加えて打撃でもアピール。投手も打席に立つナ・リーグでは試合中盤の好機で代打を送られ勝利投手の権利を失うのは珍しくない。首脳陣から打撃を高く評価されている前田は好機での交代は少なそうだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  6. 6

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る