OP戦1号で打率.381も…カブス川崎が無念のマイナー降格

公開日: 更新日:

 ベテラン内野手が開幕を目前にしてカットされた。

 カブスは29日、開幕ロースター25人を発表。今年1月にマイナー契約を交わし、キャンプには招待選手として参加していた川崎宗則(34)は開幕メンバーには選ばれなかった。大リーグの規約上、契約をいったん解除し、新たにマイナー契約を更新した。川崎は今後もオープン戦に帯同するという。

 この日の川崎はアスレチックス戦に途中出場し、八回無死一、二塁の好機で右翼スタンドに叩き込む3ラン。レギュラーシーズンも含めてメジャー2本目の一発を放った。

 オープン戦はここまで20試合で、42打数16安打の打率3割8分1厘、1本塁打、8打点、1盗塁。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る