G由伸監督も一目 元野球エリートが塾経営を始めた“原点”

公開日: 更新日:

 プロのアスリートが引退後、指導者の道を歩むことは珍しくない。しかし、「異業種」で指導となれば話は別だ。そんな異色の人生を歩む元プロ野球選手がいる。90年代後半からヤクルトなどで活躍した副島孔太さん(41)。昨年2月から神奈川県内で学習塾を経営している。

「もともと野球教室のコーチで子供に接する機会は多かったのですが、最近の子供や親御さんは『野球さえやっていれば高校や大学に行ける』と勘違いしている人が多い。そういう人たちの誤解を解きながら、将来のサポートができないのかなと思ったのが、この仕事を始めたきっかけです」

 副島さんは名門・桐蔭学園高で1年生からレギュラー。甲子園にも2度の出場経験がある。その後、進学した法大でも大学日本代表に選出され、96年にプロ入り。いわゆる「野球エリート」だ。およそ勉学とは無縁な人生にも見えるが、実はそこに塾経営の“原点”があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る