G由伸監督も一目 元野球エリートが塾経営を始めた“原点”

公開日:  更新日:

 プロのアスリートが引退後、指導者の道を歩むことは珍しくない。しかし、「異業種」で指導となれば話は別だ。そんな異色の人生を歩む元プロ野球選手がいる。90年代後半からヤクルトなどで活躍した副島孔太さん(41)。昨年2月から神奈川県内で学習塾を経営している。

「もともと野球教室のコーチで子供に接する機会は多かったのですが、最近の子供や親御さんは『野球さえやっていれば高校や大学に行ける』と勘違いしている人が多い。そういう人たちの誤解を解きながら、将来のサポートができないのかなと思ったのが、この仕事を始めたきっかけです」

 副島さんは名門・桐蔭学園高で1年生からレギュラー。甲子園にも2度の出場経験がある。その後、進学した法大でも大学日本代表に選出され、96年にプロ入り。いわゆる「野球エリート」だ。およそ勉学とは無縁な人生にも見えるが、実はそこに塾経営の“原点”があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る