G由伸監督も一目 元野球エリートが塾経営を始めた“原点”

公開日:  更新日:

 プロのアスリートが引退後、指導者の道を歩むことは珍しくない。しかし、「異業種」で指導となれば話は別だ。そんな異色の人生を歩む元プロ野球選手がいる。90年代後半からヤクルトなどで活躍した副島孔太さん(41)。昨年2月から神奈川県内で学習塾を経営している。

「もともと野球教室のコーチで子供に接する機会は多かったのですが、最近の子供や親御さんは『野球さえやっていれば高校や大学に行ける』と勘違いしている人が多い。そういう人たちの誤解を解きながら、将来のサポートができないのかなと思ったのが、この仕事を始めたきっかけです」

 副島さんは名門・桐蔭学園高で1年生からレギュラー。甲子園にも2度の出場経験がある。その後、進学した法大でも大学日本代表に選出され、96年にプロ入り。いわゆる「野球エリート」だ。およそ勉学とは無縁な人生にも見えるが、実はそこに塾経営の“原点”があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る