部員集めの奥の手 大学運動部“パンツ一丁”桐生式の効果

公開日: 更新日:

 これからは費用対効果が問われる。

 陸上のテキサス・リレー(米国)は現地2日、男子100メートルで桐生祥秀(東洋大)が10秒24(向かい風1.4メートル)で2位。9秒台突入は持ち越しとなり、4日に帰国した。

 桐生は昨年のこの大会で、追い風3.3メートルの参考記録ながら9秒87をマーク。スポーツマスコミを大いに賑わせたことは記憶に新しい。ある大学の関係者は、これからの学生集めは「桐生方式」だそうだ。

「早慶など、黙っていても学生が集まる一部の人気校を別にすれば、少子化の影響でどこの大学も学生の確保に苦労している。運動部が好成績を残すことは受験者数の増加につながることは今も変わらないが、問題は必要経費です。例えば、テレビ視聴率の高い箱根駅伝は、走る人数が多いから部員にかかる経費は多額。野球もしかりです。その点、陸上の短距離や水泳などは、世界レベルの選手が1人いればいい。しかもパンツ一丁ですから少額投資でハイリターン。それが東京五輪のメダルなら効果は絶大です。だからどの大学も、陸上短距離や水泳、卓球などの有望なジュニアをマークしている」(関係者)

 生き残りに必死な大学は、いろいろ考える必要に迫られているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る