部員集めの奥の手 大学運動部“パンツ一丁”桐生式の効果

公開日:  更新日:

 これからは費用対効果が問われる。

 陸上のテキサス・リレー(米国)は現地2日、男子100メートルで桐生祥秀(東洋大)が10秒24(向かい風1.4メートル)で2位。9秒台突入は持ち越しとなり、4日に帰国した。

 桐生は昨年のこの大会で、追い風3.3メートルの参考記録ながら9秒87をマーク。スポーツマスコミを大いに賑わせたことは記憶に新しい。ある大学の関係者は、これからの学生集めは「桐生方式」だそうだ。

「早慶など、黙っていても学生が集まる一部の人気校を別にすれば、少子化の影響でどこの大学も学生の確保に苦労している。運動部が好成績を残すことは受験者数の増加につながることは今も変わらないが、問題は必要経費です。例えば、テレビ視聴率の高い箱根駅伝は、走る人数が多いから部員にかかる経費は多額。野球もしかりです。その点、陸上の短距離や水泳などは、世界レベルの選手が1人いればいい。しかもパンツ一丁ですから少額投資でハイリターン。それが東京五輪のメダルなら効果は絶大です。だからどの大学も、陸上短距離や水泳、卓球などの有望なジュニアをマークしている」(関係者)

 生き残りに必死な大学は、いろいろ考える必要に迫られているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る