右足肉離れの陸上・桐生祥秀は来年の「リオ五輪」も“黄信号”

公開日:  更新日:

 日本最速スプリンターのもろさが露呈した。

 陸上100メートルで日本人初の9秒台を狙う桐生祥秀(19)が出場を予定していたダイヤモンドリーグ2015第7戦(6月13日、米国・ニューヨーク)を欠場することになったのだ。

 所属する東洋大学によれば、5月30日に同大川越キャンパスで練習中に右太もも裏を故障。今月1日に国立科学スポーツセンターで精密検査を受けたところ、肉離れと診断されたという。

 トレーニング再開まで約6週間を要することから、26日開幕の日本選手権(新潟)の欠場も確実で、同時に世界選手権(8月、中国・北京)の代表入りも絶望的になった。

 今季の桐生はここまで世界選手権の選考レースへの出場を見送り、日本選手権で日本陸連が定めた参加派遣標準記録(10秒16)の突破を目指していたが、それは不可能になったからだ。世界選手権は、すでに出場資格を得ている400メートルリレーのみで、個人種目での出場は厳しい状況となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る