リオ五輪はアウト…バド桃田“闇カジノ賭博”出入り認めた

公開日: 更新日:

 リオデジャネイロ五輪のバドミントン男子シングルスで代表入りが確実視された桃田賢斗選手(21=NTT東日本所属)と、2012年ロンドン五輪代表の田児賢一選手(26=同)が、都内の違法カジノ店に出入りしていたことが分かった。

 2人は事実を認めているという。

 NTT東日本の広報担当者は、「7日午前のヒアリングで、両選手はカジノ店で賭博行為を行ったことを認めました」と日刊ゲンダイ本紙にコメントした。

 NTT東日本は、2人以外の所属選手14人に対してもヒアリングを行い、一部の選手が違法カジノ店への出入りを認めているという。今後、社内調査を進めて日本バドミントン協会に結果を報告する。2人は国際大会出場のためマレーシアに滞在していたが、急きょ、きょう以降の出場を取りやめ、けさ成田空港に帰国した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る