全英Vのバド日本女子 リオ五輪では“疑惑の風”が最大の敵

公開日:  更新日:

 バドミントンの全英オープンで快挙を成し遂げた日本代表が15日、凱旋帰国した。

 最も格式の高い同大会で優勝した女子シングルスの奥原希望(21)、女子ダブルスの高橋礼華(25)、松友美佐紀(24)組である。

 すでにリオ五輪代表が内定しており、「今後は結果を求められる。しっかりと勝ちたい」(奥原)、「金メダルを取れるように頑張りたい」(松友)と五輪での表彰台を目標に掲げた。

 前回のロンドン五輪では女子ダブルスの藤井、垣岩組が日本勢史上初の銀メダルを獲得。奥原、高橋・松友組とも年間上位8選手、ペアが出場するスーパーシリーズ・ファイナルでの優勝経験があるだけに金メダル取りの期待がかかるが、五輪本番ではリオの風に悩まされそうだ。

 バドミントンのシャトル(羽根)は約0.07グラムと軽量のため、わずかな風が勝敗を左右しかねない。会場内の空調が厳重に管理されているのはそのためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る