• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全英Vのバド日本女子 リオ五輪では“疑惑の風”が最大の敵

 バドミントンの全英オープンで快挙を成し遂げた日本代表が15日、凱旋帰国した。

 最も格式の高い同大会で優勝した女子シングルスの奥原希望(21)、女子ダブルスの高橋礼華(25)、松友美佐紀(24)組である。

 すでにリオ五輪代表が内定しており、「今後は結果を求められる。しっかりと勝ちたい」(奥原)、「金メダルを取れるように頑張りたい」(松友)と五輪での表彰台を目標に掲げた。

 前回のロンドン五輪では女子ダブルスの藤井、垣岩組が日本勢史上初の銀メダルを獲得。奥原、高橋・松友組とも年間上位8選手、ペアが出場するスーパーシリーズ・ファイナルでの優勝経験があるだけに金メダル取りの期待がかかるが、五輪本番ではリオの風に悩まされそうだ。

 バドミントンのシャトル(羽根)は約0.07グラムと軽量のため、わずかな風が勝敗を左右しかねない。会場内の空調が厳重に管理されているのはそのためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る