「参謀は絶対必要」 見えてきた松山マスターズVへの課題

公開日: 更新日:

 ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう語る。

「対照的なのが、松山です。3日目は首位を走るスピースにミスが出て、松山は2打差の3位で最終日を迎えた。でも、1番ホールはこの日もボギー。追いかける側が先にスコアを落とすのは絶対にやってはいけないミスです。4日間で3ボギーと、同じホールでミスを繰り返しているのは考え方のミスともいえる。また、通常の大会とは違い、メジャーでは5日分のスタミナが必要といわれます。優勝争いに加わる選手は最終日に前半9ホールと後半9ホールで、それぞれ1日分のエネルギーを消耗するほど過酷なのです。メジャーでの優勝争いが初めてだった松山は、全選手の中で唯一3日間オーバーパーがなかったのに、4日目に崩れた。メンタルのスタミナ不足も原因でしょう」

 さらに吉川氏はこう続ける。

「いくつも大きな起伏のあるオーガスタのグリーンは、落とし所が50センチ違っただけでもピンに寄らない。想像力をフル稼働すれば頭も疲れて正常な判断ができなくなる。そのスタミナもどうやってつけるかは難しい問題ですが、少なくとも松山には、技術以外の戦略面やメンタルなどについて助言してくれる人間が必要です」

 果たして松山は、今年の敗戦を来年に生かせるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    安倍首相「未来投資会議」が描く 70歳就労は“姥捨て制度”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る