• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファンがっかり…国内男子開幕戦は日本人プロがミス連発

【東建ホームメイトカップ】

 せっかくのチャンスを生かしきれなかった。

 国内男子開幕戦の最終日は、土壇場で近藤共弘(38)がトップを走る金庚泰(29)に追いついてプレーオフに突入したが、3ホール目でボギーをたたいてジ・エンド。2年連続で外国人プロが開幕戦を制した。

 最終18番パー4でバーディーを決めて、ボギーの金をとらえた近藤が優勢だった。しかし、あとが続かなかった。

「最終18番で第2打を打つまでは半分2位狙いだった。思ったよりも金庚泰の調子が悪く、ボクが思ったよりも良かったのでもつれた」(近藤)

 それにしてもだ。女子ツアーに遅れること1カ月半。ようやく国内で男子ツアーが始まったというのに、いきなりの外国人プロの優勝。それも、いったんは追いつきながらの惜敗である。日刊ゲンダイ本紙でおなじみ、ゴルフファンで画家の山野辺進氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る