• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

V系や癒し系も…女子ゴルフ下部ツアー注目の美人選手たち

「ひょっとしたら男子ツアーは女子下部ツアーに負けちゃうんじゃないか」と、業界関係者が今週の大会に気をもんでいる。

 21日(木)から24日(日)まで千葉CC梅郷Cで、男子ツアーの新規大会「パナソニックオープン」が開催される。距離にしてたった4キロしか離れていない同じ千葉CC野田Cでは、明日20日(水)から22日(金)まで女子下部ツアー「パナソニックオープンレディス」が行われる。

 同じ主催者が男子と女子の大会を同時開催するという画期的な取り組みであり、男子大会のチケット半券を提示すれば女子大会も観戦できるようになっている。会場間をシャトルバスが運行され、「さぁ、どっちが盛り上がるのか!」と注目されているのだ。

 下部ツアーとはいえ、将来性有望な若手美人プロがゾロゾロいる。注目度ナンバーワンはビジュアル系ルーキーの大山亜由美(22)だ。今年1月には芸能プロダクションの「オスカープロモーション」と契約。同社が現役女子プロゴルファーと所属契約を結ぶのは初めてのことで、期待の大きさがうかがえる。今季のTポイントレディスは惜しくも予選落ちしたが、女子ツアー8試合に出場予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る