V系や癒し系も…女子ゴルフ下部ツアー注目の美人選手たち

公開日: 更新日:

「ひょっとしたら男子ツアーは女子下部ツアーに負けちゃうんじゃないか」と、業界関係者が今週の大会に気をもんでいる。

 21日(木)から24日(日)まで千葉CC梅郷Cで、男子ツアーの新規大会「パナソニックオープン」が開催される。距離にしてたった4キロしか離れていない同じ千葉CC野田Cでは、明日20日(水)から22日(金)まで女子下部ツアー「パナソニックオープンレディス」が行われる。

 同じ主催者が男子と女子の大会を同時開催するという画期的な取り組みであり、男子大会のチケット半券を提示すれば女子大会も観戦できるようになっている。会場間をシャトルバスが運行され、「さぁ、どっちが盛り上がるのか!」と注目されているのだ。

 下部ツアーとはいえ、将来性有望な若手美人プロがゾロゾロいる。注目度ナンバーワンはビジュアル系ルーキーの大山亜由美(22)だ。今年1月には芸能プロダクションの「オスカープロモーション」と契約。同社が現役女子プロゴルファーと所属契約を結ぶのは初めてのことで、期待の大きさがうかがえる。今季のTポイントレディスは惜しくも予選落ちしたが、女子ツアー8試合に出場予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る