• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

わざと芯を外して打つ練習はクラブ挙動をコントロールしやすくなる

 フェースの芯でボールを捉えることと、わざとフェースの芯を外して打つことでは、どちらの方が難しいのか?

 こう聞かれれば、大抵のゴルファーは「芯で捉える方が難しい」と答えるだろう。

 理由は単純で、芯で捉えようと思っているにもかかわらず、実際は芯に当たらないことの方が多いからだ。

 しかしながら、わざと芯を外してボールを打つことも決して簡単ではない。試していただくと分かるが、わざとフェースの先っぽで打ったり、フェースのヒール側で打つことは、芯で捉えるのと同じぐらい難しい。

 加えて、わざとフェースの端で打とうとすれば、空振りのリスクも高まるのである。

 では、どんな練習をすれば芯で捉える確率を高められるのか?

 打ち放題の練習場でボールを打つならば、わざと芯を外す練習をお勧めしたい。例えば、日頃のラウンドでフェースの先っぽに当たりやすいのならば、わざとフェースのヒール寄りで打つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る