• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

世界の一流はドライバーもヘッドが上から入ってインパクト

 4大メジャーの初戦マスターズは、最終日にスコアを5つ伸ばしたダニー・ウィレットが逆転でメジャー初優勝。

 初日から最終日のフロントナインまでトップに立っていたジョーダン・スピースは、12番でまさかの池ポチャ2発。これで一気にスコアを落とし、完全優勝での大会連覇を逃し、2位で戦いの幕を閉じた。

 今年のマスターズは例年になくスコアが伸びなかったが、出場選手が苦労したのがパッティングだった。

 ピンの位置が厳しいこともあって、アイアンでいい位置につけても、それがカップに入らないシーンが何度もあった。

 マスターズで勝つにはショットメークもさることながら、入れ頃のパットをいかに確実に沈めるかが鍵を握っていることが、今年も証明された。

 本題に入ろう。ウィレット、スピースに限らないが、世界の一流プロはダウンスイングの軌道がほぼ同じだ。ダウンスイング前半ではクラブはフラットな角度で下り、ヘッドは低い位置から下りてくる。そして、ダウンの後半で、ヘッドはボールに向かって直線距離で下りてくる。ダウン前半では横振りに近いシャローな軌道、ダウン後半では縦振りに近いスティープな軌道を描く。これがオンプレーンな軌道で、今どきの世界基準のスイングなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る