レスリング女王・伊調馨 13年ぶり黒星の傷は癒えたのか

公開日:  更新日:

 12年のロンドンで五輪3連覇を達成、「日本で最もリオの金メダルに近い」と言われる絶対女王・伊調馨(31)に今年1月、まさかの黒星がついた。

 ロシアで行われたヤリギン国際決勝でプレブドルジ(22=モンゴル)に0-10のテクニカルフォール負け。07年5月のアジア選手権での不戦敗を除けば、伊調の負けは03年3月以来、実に13年ぶり。個人と団体を合わせて108連勝していた女王の受けた精神的ダメージ、心の傷は大きいのではないか。

「いや、傷つくより、彼女にとって敗戦はむしろプラス、今後のモチベーションになると思いますよ」と、多数のプロスポーツ選手やアスリートのメンタルトレーニングを指導する高畑好秀氏はこう言った。

「勝負に勝ちたいと思うのは当然ですが、全部勝ってしまうと、逆につまらない。簡単な足し算のテストで毎回100点を取ったとしても面白くないでしょうし、プロ野球の200勝投手は同じくらい負けるから、そこを目指して頑張れる。勝っていく中で、歯が立たない自分も感じていたいからこそ、より高みを目指したいし、進化したいと考えるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る