“完全勝利”でリオ切符 伊調馨は20年東京五輪も敵なし?

公開日: 更新日:

 まさに敵なしの強さを誇っているのが女子レスリング伊調馨(31)だ。22日の全日本選手権58キロ級で22歳の増田奈千に1分13秒でフォール勝ち。全試合無失点で通算12度目の優勝を果たした。

 リオ五輪では、23日の最終日に55キロ級で同大会13回目の優勝を手にした吉田沙保里(33)と、前人未到の五輪4連覇を狙う。

 霊長類最強女子といわれ、個人戦203連勝の吉田でも時に危ない場面を見せるものの、伊調はいつも完勝だ。この大会もあまりの強さにライバルたちは伊調との対戦を避け、58キロ級の出場者はたったの5人だった。

 リオ五輪は28競技306種目が行われる。その中で「唯一金メダルが約束されているのは伊調」の声も。今の強さなら東京五輪での5連覇もあるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る