• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本女子レスリング リオ五輪で「全階級メダル」の期待

「女子の6階級全てでメダル獲得は夢ではない」――。

 日本レスリング協会の栄和人強化本部長が自信たっぷりだ。

 25日、都内で、未定だった75キロ級の代表を決めるプレーオフを行い渡利璃穏が昨年の全日本選手権覇者の鈴木博恵を下し、代表権を勝ち取った。

 渡利は20日まで行われた五輪アジア予選で同階級を制し、上位2人に与えられる出場枠を獲得。一昨年までは63キロ級を主戦場としており、昨年9月に階級を2つ上げてからわずか半年足らずで五輪切符を掴んだ。

 リオでは昨年の世界選手権を制した48キロ級の登坂絵莉、53キロ級の吉田沙保里、58キロ級の伊調馨の3人は金メダルは、ほぼ確実。

 63キロ級の川井梨紗子、69キロ級の土性沙羅の2人も表彰台が有力視されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る