今季初一軍で好投も…日ハム斎藤佑に迫るタイムリミット

公開日:  更新日:

 結果オーライで喜んでいい立場ではないだろうに……。

 今季初めて一軍昇格したばかりの日本ハム・斎藤佑樹(27)が、5日のソフトバンク戦に中継ぎ登板。2点ビハインドの七回1イニングを無失点で切り抜けると、両手を叩いて喜んだ。

 が、その内容は冷や汗もの。1死から下位打線に3連打を浴びると、いきなり満塁のピンチ。辛うじて併殺で切り抜けた。

 斎藤はここ数年、毎年のように「崖っぷち」「正念場」と言われ、スポーツ番組の特集では「野球が楽しくない」と本音を吐露したこともある。それでも一軍出場を欠いた年がないのは、栗山監督がことのほか目をかけているから。打たれても打たれても、「斎藤は流れを変えられる力を持っている」と言ってはばからず、この日も斎藤の投球に大ハシャギ。満塁のピンチを抑えた瞬間はベンチでガッツポーズを連発していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る