• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無傷4勝目の巨人・菅野は“球数100球”で全試合完投を狙い

 試合時間2時間3分。まるで高校野球のような早い試合を演出したのは、巨人のエース菅野智之(26)だ。

 5日の広島戦に先発。天谷に2ランを浴びて連続無自責点記録は40イニングで途切れたものの、テンポ良く無四球完投。無傷の4勝目を挙げ、ハーラートップに並んだ。

 八回終了時点で98球。尾花投手総合コーチに「(続投か降板か)どうする?」と聞かれたというが、「ここ2試合はリリーフ陣が頑張っていたので投げ切ろうと思った」と続投を志願したことを明かした。代わるはずなどない。狙い通りの107球。最初から完投するつもりだったからだ。

「『リリーフが頑張っている』は本音か建前か。前回登板の阪神戦は8回1失点で4勝目が目前だったのに、九回に抑えの沢村が打たれて勝利投手の権利が消された。菅野はこの時、『普段の取り組みは素晴らしいし、誰も責める人はいない』と優等生コメントで先輩を思いやった。とはいえ、ですよ。菅野はその前のDeNA戦でも7回無失点でマウンドを降りた途端、沢村が同点にされて勝ちが消えている。マエケンがメジャーへ移籍した今季はセ・リーグのタイトル総なめを狙っている。たまになら仕方ないと思えるが、こうも救援失敗が続いては、『もう人には任せられない』が本音でしょう。高橋監督に交代されないよう、球数100球前後で完投する作戦を捕手の小林と練っていたようです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る