無傷4勝目の巨人・菅野は“球数100球”で全試合完投を狙い

公開日: 更新日:

 試合時間2時間3分。まるで高校野球のような早い試合を演出したのは、巨人のエース菅野智之(26)だ。

 5日の広島戦に先発。天谷に2ランを浴びて連続無自責点記録は40イニングで途切れたものの、テンポ良く無四球完投。無傷の4勝目を挙げ、ハーラートップに並んだ。

 八回終了時点で98球。尾花投手総合コーチに「(続投か降板か)どうする?」と聞かれたというが、「ここ2試合はリリーフ陣が頑張っていたので投げ切ろうと思った」と続投を志願したことを明かした。代わるはずなどない。狙い通りの107球。最初から完投するつもりだったからだ。

「『リリーフが頑張っている』は本音か建前か。前回登板の阪神戦は8回1失点で4勝目が目前だったのに、九回に抑えの沢村が打たれて勝利投手の権利が消された。菅野はこの時、『普段の取り組みは素晴らしいし、誰も責める人はいない』と優等生コメントで先輩を思いやった。とはいえ、ですよ。菅野はその前のDeNA戦でも7回無失点でマウンドを降りた途端、沢村が同点にされて勝ちが消えている。マエケンがメジャーへ移籍した今季はセ・リーグのタイトル総なめを狙っている。たまになら仕方ないと思えるが、こうも救援失敗が続いては、『もう人には任せられない』が本音でしょう。高橋監督に交代されないよう、球数100球前後で完投する作戦を捕手の小林と練っていたようです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る