ブラジルに来れば死のリスク招く 元代表FWリバウドが警告

公開日: 更新日:

 今年8月のリオ五輪開幕を前にブラジル国内から警告が発せられた。サッカーの元ブラジル代表FWリバウド(44)が同国の犯罪率の高さを批判したのだ。

 リバウドは自身のSNS上で7日に17歳の少女殺害事件に触れ「ブラジルでは日常茶飯事。事態は日々、深刻になっている」と指摘。ブラジルへの観光やリオ五輪観戦を計画する世界中の人々に対しては「自分の国にとどまることを強く勧める。(ブラジルに来れば)自ら死のリスクを招くようなものだ」と再考を促した。

 同国内では警察官による発砲事件も多発。国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」によれば、リオ市内で昨年1年間に警察官によって射殺されたのは307人。過去1カ月だけでも11人が警官の銃弾で命を落としている。

 リオ五輪の観戦チケット(約750万枚)は約半数が売れ残っている。往年のスター選手の発言はチケット販売の不振に拍車をかけそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る