ブラジルに来れば死のリスク招く 元代表FWリバウドが警告

公開日:  更新日:

 今年8月のリオ五輪開幕を前にブラジル国内から警告が発せられた。サッカーの元ブラジル代表FWリバウド(44)が同国の犯罪率の高さを批判したのだ。

 リバウドは自身のSNS上で7日に17歳の少女殺害事件に触れ「ブラジルでは日常茶飯事。事態は日々、深刻になっている」と指摘。ブラジルへの観光やリオ五輪観戦を計画する世界中の人々に対しては「自分の国にとどまることを強く勧める。(ブラジルに来れば)自ら死のリスクを招くようなものだ」と再考を促した。

 同国内では警察官による発砲事件も多発。国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」によれば、リオ市内で昨年1年間に警察官によって射殺されたのは307人。過去1カ月だけでも11人が警官の銃弾で命を落としている。

 リオ五輪の観戦チケット(約750万枚)は約半数が売れ残っている。往年のスター選手の発言はチケット販売の不振に拍車をかけそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る