ブラジルに来れば死のリスク招く 元代表FWリバウドが警告

公開日: 更新日:

 今年8月のリオ五輪開幕を前にブラジル国内から警告が発せられた。サッカーの元ブラジル代表FWリバウド(44)が同国の犯罪率の高さを批判したのだ。

 リバウドは自身のSNS上で7日に17歳の少女殺害事件に触れ「ブラジルでは日常茶飯事。事態は日々、深刻になっている」と指摘。ブラジルへの観光やリオ五輪観戦を計画する世界中の人々に対しては「自分の国にとどまることを強く勧める。(ブラジルに来れば)自ら死のリスクを招くようなものだ」と再考を促した。

 同国内では警察官による発砲事件も多発。国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」によれば、リオ市内で昨年1年間に警察官によって射殺されたのは307人。過去1カ月だけでも11人が警官の銃弾で命を落としている。

 リオ五輪の観戦チケット(約750万枚)は約半数が売れ残っている。往年のスター選手の発言はチケット販売の不振に拍車をかけそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る