• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初の女性代表監督・高倉麻子は低迷「なでしこ」を救うか

 女子サッカーなでしこジャパンの新監督就任会見が27日に行われ、U―20(20歳以下)女子代表の高倉麻子(48)の就任が発表された。

 91、95年W杯と96年五輪に女子代表の主力として出場した高倉新監督は引退後、指導者になってU―17(17歳以下)女子代表を率い、14年U―17女子W杯コスタリカ大会で優勝。実績のある女子監督として、今回のなでしこ監督就任は“既定路線”だった。

 3月のリオ五輪予選で惨敗し、佐々木則夫監督(57)が辞任した直後から高倉新監督の名前が取り沙汰され、本人も「非常に前向き。ほぼ内定状態だった」(マスコミ関係者)といわれている。

 3月末に日本サッカー協会(JFA)が田嶋幸三新会長(58)体制になったことも後押しした。

「リオ五輪予選敗退の責任を取る形でJFA女子委員会の野田朱美委員長(46)が辞任。後任として筑波大出身の今井純子氏(50)が委員長に就任した。この今井委員長は、筑波大OBの田嶋会長が筑波大の助教授だった当時、研究生という立場よりも『田嶋さんの懐刀』として知られていた。野田前委員長と高倉監督との関係性よりも、今井委員長との方が良好だったこともあり、早い段階で高倉新監督に一本化されていたも同然だった」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る