初の女性代表監督・高倉麻子は低迷「なでしこ」を救うか

公開日: 更新日:

 女子サッカーなでしこジャパンの新監督就任会見が27日に行われ、U―20(20歳以下)女子代表の高倉麻子(48)の就任が発表された。

 91、95年W杯と96年五輪に女子代表の主力として出場した高倉新監督は引退後、指導者になってU―17(17歳以下)女子代表を率い、14年U―17女子W杯コスタリカ大会で優勝。実績のある女子監督として、今回のなでしこ監督就任は“既定路線”だった。

 3月のリオ五輪予選で惨敗し、佐々木則夫監督(57)が辞任した直後から高倉新監督の名前が取り沙汰され、本人も「非常に前向き。ほぼ内定状態だった」(マスコミ関係者)といわれている。

 3月末に日本サッカー協会(JFA)が田嶋幸三新会長(58)体制になったことも後押しした。

「リオ五輪予選敗退の責任を取る形でJFA女子委員会の野田朱美委員長(46)が辞任。後任として筑波大出身の今井純子氏(50)が委員長に就任した。この今井委員長は、筑波大OBの田嶋会長が筑波大の助教授だった当時、研究生という立場よりも『田嶋さんの懐刀』として知られていた。野田前委員長と高倉監督との関係性よりも、今井委員長との方が良好だったこともあり、早い段階で高倉新監督に一本化されていたも同然だった」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る