自己申告ゼロでNPB“終幕” 野球賭博問題の風化を危ぶむ声

公開日: 更新日:

 申告期限が過ぎた。元巨人の4選手が関与していたことが明るみに出て大騒ぎになった一連の野球賭博問題は、このところすっかり沈静ムードだ。職場や居酒屋などで連日話題になっていた「ビッグニュース」も風化しつつある。事件発覚当時は怒りの声を上げていたファンも、先月25日にプロ野球が開幕すると、せっせと球場に足を運んでいる。4月24日までの観客動員数(1試合平均)は、セ(3万835人)パ(2万4870人)とも昨年とほとんど変わらない。

 開幕から1カ月が経ち、野球賭博に関与した者の「自主申告」が昨25日に締め切られた。これは、日本野球機構(NPB)が12球団に了解を得てつくった「時限立法」で、4月6日から25日までと期間を限定し、この間に野球賭博への関与を自ら申告した者には「特典」を設けた。無期失格処分が下されても、1年後に真摯な反省が見られれば「1年間の失格」に変更され、その時点で処分が解除されるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る