• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自己申告ゼロでNPB“終幕” 野球賭博問題の風化を危ぶむ声

 申告期限が過ぎた。元巨人の4選手が関与していたことが明るみに出て大騒ぎになった一連の野球賭博問題は、このところすっかり沈静ムードだ。職場や居酒屋などで連日話題になっていた「ビッグニュース」も風化しつつある。事件発覚当時は怒りの声を上げていたファンも、先月25日にプロ野球が開幕すると、せっせと球場に足を運んでいる。4月24日までの観客動員数(1試合平均)は、セ(3万835人)パ(2万4870人)とも昨年とほとんど変わらない。

 開幕から1カ月が経ち、野球賭博に関与した者の「自主申告」が昨25日に締め切られた。これは、日本野球機構(NPB)が12球団に了解を得てつくった「時限立法」で、4月6日から25日までと期間を限定し、この間に野球賭博への関与を自ら申告した者には「特典」を設けた。無期失格処分が下されても、1年後に真摯な反省が見られれば「1年間の失格」に変更され、その時点で処分が解除されるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る