早くも独走態勢 ソフトBに昨季超え“シーズン100勝”期待

公開日:  更新日:

 今年こそあるかもしれない。

 パの首位攻防第2ラウンドは、初回に今宮のソロと長谷川の3ランで4点を先制して勝負あり。ソフトバンクは今季2度目の8連勝で、2位ロッテとのゲーム差を5に広げた。ここまで全球団に勝ち越し。この状況はおそらく今後も変わらないだろう。

 パは早くもソフトが独走態勢に入り、ペナント争いの興味は薄れるばかり。ファンの間からは「今年こそ、シーズン100勝があるかも……」という声が聞こえてきた。

 昨季のソフトは90勝49敗4分け。2位日本ハムに12ゲームの大差をつけて優勝したが、この日と同じ34試合が終わっての成績は18勝14敗2分けの3位。今季は22勝8敗4分けと、勝ち星ではぶっ千切りで勝った昨年を上回っている。

 ちなみに、今月末に開幕する交流戦の昨年成績は12勝6敗の首位。ここで昨年以上の成績を残し、勢いを増せば、パのライバル球団はオールスター前にも2位、3位狙いに変わる。そうなれば、それこそまさかの100勝も夢ではないのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る