早くも独走態勢 ソフトBに昨季超え“シーズン100勝”期待

公開日: 更新日:

 今年こそあるかもしれない。

 パの首位攻防第2ラウンドは、初回に今宮のソロと長谷川の3ランで4点を先制して勝負あり。ソフトバンクは今季2度目の8連勝で、2位ロッテとのゲーム差を5に広げた。ここまで全球団に勝ち越し。この状況はおそらく今後も変わらないだろう。

 パは早くもソフトが独走態勢に入り、ペナント争いの興味は薄れるばかり。ファンの間からは「今年こそ、シーズン100勝があるかも……」という声が聞こえてきた。

 昨季のソフトは90勝49敗4分け。2位日本ハムに12ゲームの大差をつけて優勝したが、この日と同じ34試合が終わっての成績は18勝14敗2分けの3位。今季は22勝8敗4分けと、勝ち星ではぶっ千切りで勝った昨年を上回っている。

 ちなみに、今月末に開幕する交流戦の昨年成績は12勝6敗の首位。ここで昨年以上の成績を残し、勢いを増せば、パのライバル球団はオールスター前にも2位、3位狙いに変わる。そうなれば、それこそまさかの100勝も夢ではないのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る