• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早くも独走態勢 ソフトBに昨季超え“シーズン100勝”期待

 今年こそあるかもしれない。

 パの首位攻防第2ラウンドは、初回に今宮のソロと長谷川の3ランで4点を先制して勝負あり。ソフトバンクは今季2度目の8連勝で、2位ロッテとのゲーム差を5に広げた。ここまで全球団に勝ち越し。この状況はおそらく今後も変わらないだろう。

 パは早くもソフトが独走態勢に入り、ペナント争いの興味は薄れるばかり。ファンの間からは「今年こそ、シーズン100勝があるかも……」という声が聞こえてきた。

 昨季のソフトは90勝49敗4分け。2位日本ハムに12ゲームの大差をつけて優勝したが、この日と同じ34試合が終わっての成績は18勝14敗2分けの3位。今季は22勝8敗4分けと、勝ち星ではぶっ千切りで勝った昨年を上回っている。

 ちなみに、今月末に開幕する交流戦の昨年成績は12勝6敗の首位。ここで昨年以上の成績を残し、勢いを増せば、パのライバル球団はオールスター前にも2位、3位狙いに変わる。そうなれば、それこそまさかの100勝も夢ではないのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る