• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

14連勝も契約最終年…SBバンデンハークの気になる来季

 株価は上がる一方だ。

 ソフトバンクのバンデンハーク(30)が10日のロッテ戦に先発し、8回を投げて4安打1失点、10奪三振で今季5勝目。昨年6月14日(広島戦)のデビュー以来の連勝を「14」に伸ばし、1966年に巨人・堀内恒夫が作った「13」の日本記録を更新した。

 バンデンハークは今季で2年契約が切れる。ぞっこんの工藤監督は手放す気はサラサラなく、1億5000万円の年俸はカネのあるソフトバンクなら倍増どころか4億円超まである。

 問題は「夢よもう一度」だ。かつて結果を残せなかったメジャーに色気を持っていれば、契約金が安くても移籍する可能性はある。だが、球団は流出させない自信を持っている。なぜか?

 バンデンハークは12歳の時、王貞治とハンク・アーロンという日米本塁打王が設立した「世界少年野球推進財団」の世界少年野球大会のオランダ代表で来日。当時から「世界の王」を尊敬し、ソフトバンク入りして王会長と対面すると大感激していた。王会長から「うちに残ってくれ」と言われたら、NOとは言えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る