マエケン「中7日」ローテ変更にドジャース首脳の深謀遠慮

公開日: 更新日:

 前田健太(28)の肩肘は本当に大丈夫なのだろうか。

 ドジャースのロバーツ監督が、前田のローテーション変更を明言したのは去る4月30日。ローテ通りなら4日のレイズ戦だった先発予定を、中7日となるこの日(日本時間7日)のブルージェイズ戦に先送り。「相手との相性を考えた」そうだ。

 ブルージェイズは昨季MVPを獲得したドナルドソンや、本塁打王2度のバティスタ、過去4度3割のトロイツキー、昨年まで4年連続30本塁打のエンカナシオンら右打ちの強打者がズラリ。それでドジャースでは数少ない先発右腕の前田をぶつけたようなのだ。

 それでも、まだ開幕1カ月。好調な前田のローテを動かしてまで、ブルージェイズを警戒する必要がはたしてあるか。

 前田は肩肘に問題を抱えているがゆえに、年俸3億円と安く買いたたかれた。その前田がボールの大きさもマウンドの硬さも登板間隔もプロ野球とは異なるメジャーで開幕からフル回転。「ケンタは身体的に何の問題もない」とはロバーツ監督だが、いよいよ肩肘は故障寸前なのではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る