マエケン「中7日」ローテ変更にドジャース首脳の深謀遠慮

公開日: 更新日:

 前田健太(28)の肩肘は本当に大丈夫なのだろうか。

 ドジャースのロバーツ監督が、前田のローテーション変更を明言したのは去る4月30日。ローテ通りなら4日のレイズ戦だった先発予定を、中7日となるこの日(日本時間7日)のブルージェイズ戦に先送り。「相手との相性を考えた」そうだ。

 ブルージェイズは昨季MVPを獲得したドナルドソンや、本塁打王2度のバティスタ、過去4度3割のトロイツキー、昨年まで4年連続30本塁打のエンカナシオンら右打ちの強打者がズラリ。それでドジャースでは数少ない先発右腕の前田をぶつけたようなのだ。

 それでも、まだ開幕1カ月。好調な前田のローテを動かしてまで、ブルージェイズを警戒する必要がはたしてあるか。

 前田は肩肘に問題を抱えているがゆえに、年俸3億円と安く買いたたかれた。その前田がボールの大きさもマウンドの硬さも登板間隔もプロ野球とは異なるメジャーで開幕からフル回転。「ケンタは身体的に何の問題もない」とはロバーツ監督だが、いよいよ肩肘は故障寸前なのではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る