「超変革」が足かせ “猫の目“虎打線に他球団は願ったり

公開日: 更新日:

 貧打に悩む阪神がまたも打順を替えた。

 15日のDeNA戦、金本監督は今季初めて大和を3番に起用するニューオーダーを組んだ。打順変更はこれで4月8日から29試合連続。全41試合で31通り目となった。

 しかし、その成果はあまり見られなかった。6番の鳥谷が本塁打を含む2安打3打点と結果を残すなど計5得点を挙げたものの、安打はわずか5本。14三振を喫するなど、淡泊な攻撃が目立ち、引き分けに終わった。

 今季のチーム打率はリーグ5位の.241。この日を含めた最近5試合は1試合平均で2.2点にとどまっている。指揮官は前日の試合後、「猫の目打線」となっている現状に、「このメンバーで固定しようがない。固定しろという方が間違っている。(俊介ら)中堅選手にも仕事をしてもらわないといけない」と嘆いていたが、ライバル球団はこれを大歓迎している。セ球団のコーチがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る