• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「超変革」が足かせ “猫の目“虎打線に他球団は願ったり

 貧打に悩む阪神がまたも打順を替えた。

 15日のDeNA戦、金本監督は今季初めて大和を3番に起用するニューオーダーを組んだ。打順変更はこれで4月8日から29試合連続。全41試合で31通り目となった。

 しかし、その成果はあまり見られなかった。6番の鳥谷が本塁打を含む2安打3打点と結果を残すなど計5得点を挙げたものの、安打はわずか5本。14三振を喫するなど、淡泊な攻撃が目立ち、引き分けに終わった。

 今季のチーム打率はリーグ5位の.241。この日を含めた最近5試合は1試合平均で2.2点にとどまっている。指揮官は前日の試合後、「猫の目打線」となっている現状に、「このメンバーで固定しようがない。固定しろという方が間違っている。(俊介ら)中堅選手にも仕事をしてもらわないといけない」と嘆いていたが、ライバル球団はこれを大歓迎している。セ球団のコーチがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る