閉鎖的なゴルフ界の仕打ち? 強豪選手が次々“デイ叩き”の謎

公開日: 更新日:

 世界ランク1位のJ・デイ(28=豪州)がバッシングにさらされている。

 事の発端は先週行われたプレーヤーズ選手権だ。完全優勝で今季ツアー3勝目(通算10勝)を果たしたデイに対し、マスターズ覇者のD・ウィレット(28=イングランド)やS・ローリー(29=アイルランド)が、「第3ラウンドに6時間近くかけた」と公然と批判。ローリーは「デイがツアーで一番のスロープレーヤーだ」と発言したと、AFP通信が報じた。

 過去に“前科”があるならまだしも、これまでスロープレーのペナルティーどころか、警告を受けたという話も聞いたことがない。それが突然の「デイ叩き」である。なぜか。単なるマスコミの嫌がらせなのか、それとも他に何か理由があるのか。

■幼少期は“混血”ゆえに差別も

 デイは、オーストラリア人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれた。幼少期には混血ゆえに差別され、11歳の時、父親を亡くし、女手ひとつで育てられながら、憧れのタイガー・ウッズを目指し、プロになった経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る