閉鎖的なゴルフ界の仕打ち? 強豪選手が次々“デイ叩き”の謎

公開日:  更新日:

 世界ランク1位のJ・デイ(28=豪州)がバッシングにさらされている。

 事の発端は先週行われたプレーヤーズ選手権だ。完全優勝で今季ツアー3勝目(通算10勝)を果たしたデイに対し、マスターズ覇者のD・ウィレット(28=イングランド)やS・ローリー(29=アイルランド)が、「第3ラウンドに6時間近くかけた」と公然と批判。ローリーは「デイがツアーで一番のスロープレーヤーだ」と発言したと、AFP通信が報じた。

 過去に“前科”があるならまだしも、これまでスロープレーのペナルティーどころか、警告を受けたという話も聞いたことがない。それが突然の「デイ叩き」である。なぜか。単なるマスコミの嫌がらせなのか、それとも他に何か理由があるのか。

■幼少期は“混血”ゆえに差別も

 デイは、オーストラリア人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれた。幼少期には混血ゆえに差別され、11歳の時、父親を亡くし、女手ひとつで育てられながら、憧れのタイガー・ウッズを目指し、プロになった経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る