• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6回2失点も5試合勝てず 虎打線頼みの藤浪に“エースの壁”

 またも勝てなかった。

 阪神の藤浪晋太郎(22)が19日の中日戦に先発。6回2失点で勝ち負けはつかず、これで5試合続けて勝ち星から遠ざかっている。

 初回に2点を献上した。大島、平田に四球を与え、ビシエドに適時打を浴びると、なおも2死二、三塁から速球がスッポ抜ける暴投で生還を許した。出はなをくじかれた格好だ。試合は原口の安打でサヨナラ勝ちしたが、金本監督は「制球が悪いなりにどうにかこうにか抑えたが、スンナリと八回、九回といってほしかった」と苦言を呈した。

 評論家の福間納氏は、「悪いなりに2失点に抑えたとはいえ、タイガースのエースとしての期待を込めて言えば物足りない」と、こう言う。

「技術面では、上体に頼った投げ方になっていることが制球難の要因。それ以上に気になったのがマウンドでの動作。序盤は投球のリズムが悪かったが、腕の振りの軌道を確認しているのか、何度も腕を振るしぐさを見せた。『調子が悪いけど、修正しましたよ』とアピールしているようにも見えました。投球の間も悪くなるし、守っている野手も『試合前にしっかり準備しておけ』とシラけてしまう。堂々としたマウンドさばきを心がけてほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る