また抗議で判定覆った “コリジョン”乱発で審判の権威失墜

公開日: 更新日:

 微妙な判定にソフトバンクの工藤監督が腰を上げた。

 22日、1点ビハインドの三回1死三塁の場面で、本多が打った打球は左翼へ。浅いフライだったが、三塁走者の城所にはコリジョンルールが頭にあったのだろう。果敢に本塁を狙うも、惜しくもクロスプレーでアウトになった。

 ここで工藤監督が抗議すると、審判団は数分間、ビデオで検証。あっさりと判定が覆り、城所の生還が認められたのだ。

 今季から本塁上での衝突を禁止するコリジョンルールの導入に伴い、本塁クロスプレーでのリプレー検証も認められるようになった。当然、12球団の監督がこれを利用しない手はない。いまやこの手の抗議は球界の一大流行といった兆しを見せている。

 いくら試合時間の短縮を叫んでも、抗議と比例して無駄な時間は増える。判定もたびたびひっくり返るのだから、球界では「人間の審判なんていらない」なんて声も聞かれるほどだ。

 野球をつまらなくし、審判の権威をおとしめるコリジョンルールは、今すぐやめるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る