釜本氏のU-23パラグアイ戦評 「攻守とも常に後手だった」

公開日:  更新日:

【釜本邦茂コラム「ズバッと言わせてもらう!」】

 サッカーの仏トゥーロン国際大会に参戦した日本五輪代表が、初戦で南米のパラグアイに1-2で敗れた。

 パラグアイはリオ五輪の南米予選で敗退し、今大会に20歳以下主体のチームを送り込んできた。

 実際、日本戦のスタメン11人中、19歳以下の選手が9人と非常に若いチームだった。しかし、パラグアイの選手たちは、局面ごとに“したたかさ”を存分に発揮してきた。

 具体的には「厳しいプレッシャーを掛けながら堅く守って」「日本がパス回し中にミスを犯したら」「即座に付け込んでボールを奪って」「一気にカウンター」を仕掛けるサッカーである。

 日本の選手は、この大会が「リオ五輪本大会の選手登録18人を選考するための大会」というプレッシャーからか、序盤から動きがギクシャクしていた。何でもないパスミス、状況判断ミスが目立ち、そこをパラグアイに抜け目なく突かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る