釜本氏のU-23パラグアイ戦評 「攻守とも常に後手だった」

公開日: 更新日:

【釜本邦茂コラム「ズバッと言わせてもらう!」】

 サッカーの仏トゥーロン国際大会に参戦した日本五輪代表が、初戦で南米のパラグアイに1-2で敗れた。

 パラグアイはリオ五輪の南米予選で敗退し、今大会に20歳以下主体のチームを送り込んできた。

 実際、日本戦のスタメン11人中、19歳以下の選手が9人と非常に若いチームだった。しかし、パラグアイの選手たちは、局面ごとに“したたかさ”を存分に発揮してきた。

 具体的には「厳しいプレッシャーを掛けながら堅く守って」「日本がパス回し中にミスを犯したら」「即座に付け込んでボールを奪って」「一気にカウンター」を仕掛けるサッカーである。

 日本の選手は、この大会が「リオ五輪本大会の選手登録18人を選考するための大会」というプレッシャーからか、序盤から動きがギクシャクしていた。何でもないパスミス、状況判断ミスが目立ち、そこをパラグアイに抜け目なく突かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  7. 7

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  8. 8

    バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

もっと見る