• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釜本氏のU-23パラグアイ戦評 「攻守とも常に後手だった」

【釜本邦茂コラム「ズバッと言わせてもらう!」】

 サッカーの仏トゥーロン国際大会に参戦した日本五輪代表が、初戦で南米のパラグアイに1-2で敗れた。

 パラグアイはリオ五輪の南米予選で敗退し、今大会に20歳以下主体のチームを送り込んできた。

 実際、日本戦のスタメン11人中、19歳以下の選手が9人と非常に若いチームだった。しかし、パラグアイの選手たちは、局面ごとに“したたかさ”を存分に発揮してきた。

 具体的には「厳しいプレッシャーを掛けながら堅く守って」「日本がパス回し中にミスを犯したら」「即座に付け込んでボールを奪って」「一気にカウンター」を仕掛けるサッカーである。

 日本の選手は、この大会が「リオ五輪本大会の選手登録18人を選考するための大会」というプレッシャーからか、序盤から動きがギクシャクしていた。何でもないパスミス、状況判断ミスが目立ち、そこをパラグアイに抜け目なく突かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る