どうなるレッズ? 三菱自の日産傘下入りはJ規約に抵触も

公開日: 更新日:

 三菱自動車の燃費データ偽装問題が、Jリーグを直撃しそうだ。

 この日、資本業務提携に基本合意した三菱自動車と日産は、それぞれサッカーJ1の浦和レッズと横浜F・マリノスの筆頭株主。Jリーグは規約で、クラブ経営に関与できる株式保有者が、他クラブの株式を大量に取得することを禁じている。三菱自動車が事実上、日産の傘下に入る今回の業務提携は、これに抵触する可能性があるのだ。

 Jリーグの村井チェアマンは「まず両クラブと直接話をして情報収集に当たりたい。今の時点でいい悪いは言えない」と話したが、関係者の中には「浦和レッズ消滅も」という声が出ている。場合によっては“身売り”の事態もあり得る。

 浦和の15年シーズンの観客動員は65万8668人。2位のFC東京とは20万人近い差でダントツ。熱狂的なサポーターによって真っ赤に染められるスタジアムはJリーグの象徴といっていい。その浦和がチーム合併、あるいは消滅という事態になれば、Jリーグを屋台骨から揺るがしかねない問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  5. 5

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る