どうなるレッズ? 三菱自の日産傘下入りはJ規約に抵触も

公開日:  更新日:

 三菱自動車の燃費データ偽装問題が、Jリーグを直撃しそうだ。

 この日、資本業務提携に基本合意した三菱自動車と日産は、それぞれサッカーJ1の浦和レッズと横浜F・マリノスの筆頭株主。Jリーグは規約で、クラブ経営に関与できる株式保有者が、他クラブの株式を大量に取得することを禁じている。三菱自動車が事実上、日産の傘下に入る今回の業務提携は、これに抵触する可能性があるのだ。

 Jリーグの村井チェアマンは「まず両クラブと直接話をして情報収集に当たりたい。今の時点でいい悪いは言えない」と話したが、関係者の中には「浦和レッズ消滅も」という声が出ている。場合によっては“身売り”の事態もあり得る。

 浦和の15年シーズンの観客動員は65万8668人。2位のFC東京とは20万人近い差でダントツ。熱狂的なサポーターによって真っ赤に染められるスタジアムはJリーグの象徴といっていい。その浦和がチーム合併、あるいは消滅という事態になれば、Jリーグを屋台骨から揺るがしかねない問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る