• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どうなるレッズ? 三菱自の日産傘下入りはJ規約に抵触も

 三菱自動車の燃費データ偽装問題が、Jリーグを直撃しそうだ。

 この日、資本業務提携に基本合意した三菱自動車と日産は、それぞれサッカーJ1の浦和レッズと横浜F・マリノスの筆頭株主。Jリーグは規約で、クラブ経営に関与できる株式保有者が、他クラブの株式を大量に取得することを禁じている。三菱自動車が事実上、日産の傘下に入る今回の業務提携は、これに抵触する可能性があるのだ。

 Jリーグの村井チェアマンは「まず両クラブと直接話をして情報収集に当たりたい。今の時点でいい悪いは言えない」と話したが、関係者の中には「浦和レッズ消滅も」という声が出ている。場合によっては“身売り”の事態もあり得る。

 浦和の15年シーズンの観客動員は65万8668人。2位のFC東京とは20万人近い差でダントツ。熱狂的なサポーターによって真っ赤に染められるスタジアムはJリーグの象徴といっていい。その浦和がチーム合併、あるいは消滅という事態になれば、Jリーグを屋台骨から揺るがしかねない問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る