「技術だけで押し切ろうする」 大久保嘉人が若手FWに苦言

公開日:  更新日:

 16年Jリーグ開幕戦を広島で迎えた川崎フロンターレのFW大久保嘉人(33)は、シュート4本の無得点に終わった。それでも、地元に湘南を迎えた第2節で今季初ゴールを決め、ここまで10試合6ゴール。序盤としては順調な滑り出しといえる。もっとも大久保は今、どんなにゴールを量産しようが、満ち足りない気分を拭い去れないだろう。「日本代表に復帰したい!」という野心を強く抱いているからだ。

――昨年末に日本代表FWの岡崎慎司選手(30)について聞いた際に「オカは足も遅いし、背も小さい。でも試合中に『どうやったら点が取れるのか』をいつも考えている。若いFWは準備ができていない気がするし、テクニックだけで押し切ろうとする。それではダメなんだ」と教えてくれました。

「(英プレミアリーグ)レスターの試合は見てますよ。何といっても英プレミアリーグで優勝争いをリードし、優勝を成し遂げたチームの主力のひとりとして後世に名前を残せるわけだし、凄いとしか言いようがないね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る