• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米調査会社が予想 リオ五輪メダル量産は「女子選手」が鍵

 今年8月のリオ五輪では女子アスリートの更なる躍進が目立ちそうだ。

 スポーツデータを扱う米国の調査会社「グランスノート」は19日(日本時間20日)、リオ五輪での国別のメダル獲得予想を発表。同社が世界選手権やW杯などの成績を基に算出したデータによれば、メダル獲得数は米国が金メダル42個を含む102個でトップ。中国が78個(金31個)で続き、陸連による組織的ドーピングなどで多くの選手の出場が危ぶまれるロシアは66個(同22個)で3位に入った。

 日本はJOC(日本オリンピック委員会)が「金14個」を目標に掲げているが、上位に名を連ねていない。開催国のブラジルは同国史上最多の25個で10位につけた。

 その他、オーストラリアが金18個を含む41個で4位に入ったが、同社では「メダルの数では英国やドイツも豪州と並ぶ可能性はある」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る