米調査会社が予想 リオ五輪メダル量産は「女子選手」が鍵

公開日: 更新日:

 今年8月のリオ五輪では女子アスリートの更なる躍進が目立ちそうだ。

 スポーツデータを扱う米国の調査会社「グランスノート」は19日(日本時間20日)、リオ五輪での国別のメダル獲得予想を発表。同社が世界選手権やW杯などの成績を基に算出したデータによれば、メダル獲得数は米国が金メダル42個を含む102個でトップ。中国が78個(金31個)で続き、陸連による組織的ドーピングなどで多くの選手の出場が危ぶまれるロシアは66個(同22個)で3位に入った。

 日本はJOC(日本オリンピック委員会)が「金14個」を目標に掲げているが、上位に名を連ねていない。開催国のブラジルは同国史上最多の25個で10位につけた。

 その他、オーストラリアが金18個を含む41個で4位に入ったが、同社では「メダルの数では英国やドイツも豪州と並ぶ可能性はある」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    攻める「新しい地図」 破天荒アイドルBiSHと共演の皮算用

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る