リオに意欲のハンマー投げ室伏 「3個目メダル」の現実味は?

公開日:  更新日:

 出場すれば注目度ナンバーワンだ。

 陸上男子ハンマー投げで04年アテネ五輪金、12年ロンドン五輪銅の室伏広治(40)が29日、来年のリオ五輪に向けて「気持ちはある」と意欲を見せた。実際に挑戦するかどうかの結論は年明けになるようだが、今は東京五輪組織委員会の理事や東京医科歯科大の教授などを務めているから、練習時間がなかなか取れないのが現状だ。

 昨年の日本選手権は73メートル93で優勝。驚異の20連覇を果たした後は大会に出場してはいない。それでも今年6月には、「時間はなくても練習の方法はある」と語っていたし、「本気で練習すれば、今でも70メートル以上は投げられる」との声もある。8月の世界陸上の金メダリストの記録は80メートル88。銀、銅はともに78メートル55だった。03年に出した日本記録の84メートル86は無理にしても、本当に70メートル以上投げられるのであればメダルは十分に狙えるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る