• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオに意欲のハンマー投げ室伏 「3個目メダル」の現実味は?

 出場すれば注目度ナンバーワンだ。

 陸上男子ハンマー投げで04年アテネ五輪金、12年ロンドン五輪銅の室伏広治(40)が29日、来年のリオ五輪に向けて「気持ちはある」と意欲を見せた。実際に挑戦するかどうかの結論は年明けになるようだが、今は東京五輪組織委員会の理事や東京医科歯科大の教授などを務めているから、練習時間がなかなか取れないのが現状だ。

 昨年の日本選手権は73メートル93で優勝。驚異の20連覇を果たした後は大会に出場してはいない。それでも今年6月には、「時間はなくても練習の方法はある」と語っていたし、「本気で練習すれば、今でも70メートル以上は投げられる」との声もある。8月の世界陸上の金メダリストの記録は80メートル88。銀、銅はともに78メートル55だった。03年に出した日本記録の84メートル86は無理にしても、本当に70メートル以上投げられるのであればメダルは十分に狙えるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る