• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオに意欲のハンマー投げ室伏 「3個目メダル」の現実味は?

 出場すれば注目度ナンバーワンだ。

 陸上男子ハンマー投げで04年アテネ五輪金、12年ロンドン五輪銅の室伏広治(40)が29日、来年のリオ五輪に向けて「気持ちはある」と意欲を見せた。実際に挑戦するかどうかの結論は年明けになるようだが、今は東京五輪組織委員会の理事や東京医科歯科大の教授などを務めているから、練習時間がなかなか取れないのが現状だ。

 昨年の日本選手権は73メートル93で優勝。驚異の20連覇を果たした後は大会に出場してはいない。それでも今年6月には、「時間はなくても練習の方法はある」と語っていたし、「本気で練習すれば、今でも70メートル以上は投げられる」との声もある。8月の世界陸上の金メダリストの記録は80メートル88。銀、銅はともに78メートル55だった。03年に出した日本記録の84メートル86は無理にしても、本当に70メートル以上投げられるのであればメダルは十分に狙えるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る