東京五輪「裏金」疑惑 日本スポーツ界築いた“信頼”水の泡

公開日:  更新日:

「ジャパンよ、おまえもか!」という声が聞こえてきそうだ。

 英紙ガーディアンは11日、東京五輪招致委員会側が招致活動に絡み、当時国際オリンピック委員会(IOC)委員だった国際陸連のディアク前会長の息子が関係するシンガポールの口座に約130万ユーロ(約1億6000万円)を支払った疑いがあると報じた。

 これを受け、ディアク前会長のドーピング隠蔽をめぐる汚職事件を捜査中のフランス司法当局は、2013年7月と10月に「東京五輪招致」の名目で日本の銀行から280万シンガポールドル(約2億2300万円)が前会長側に振り込まれたことを公表した。

 日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は「我々はフェアに招致活動をした。問題はない」と反論したが、ここまで金銭の授受が明らかになった以上、日本がカネで「五輪開催」を買ったと言われても仕方ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  9. 9

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る