打で大暴れも…ソフトB今宮いまだに“半人前”扱いのワケ

公開日: 更新日:

 守備の人がバットで魅せた。

 26日のオリックス戦で、3安打猛打賞と活躍したのがソフトバンクの今宮健太(24)。エースの金子相手にシングル、勝ち越しソロ、決勝打の適時三塁打と大暴れした。

 二塁打が出ればサイクルヒットだったが、4打席目は四球。「ベンチの先輩たちも(サイクルだと)言っていたので、打ちたい気持ちはあった」とは、お立ち台の今宮だ。

 今や不動の遊撃手としてチームに欠かせない存在。昨季はゴールデングラブ賞を獲得し、年俸も2000万円増の9000万円と、大台まであと一歩となった。

 しかし、球団はまだ今宮を一人前とは見ていない。ある出版関係者は「今宮を扱った本を出そうとしたのですが……」と、こう続ける。

「イケメンの独身主力選手で女性人気も高い。これなら売れると思って球団にオファーを出したら、『まだまだ早い。一人前にもなっていないのに、これで本人が勘違いでもされたら困る』とOKが出なかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る