• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最安年俸の牧原が全打点 ソフトBの選手層に他球団ため息

 強いわけだ。

 ソフトバンクが連敗を止めた昨15日のオリックス戦。全打点を叩き出したのが、「9番・右翼」で先発した6年目の牧原大成(23)である。

 三回無死一、三塁の場面で先制のセーフティースクイズ。「得意で自信があった。ずっと練習してきたことが生きた」と自画自賛した小技は、投手と一塁手の間に絶妙な強さで転がった。1-1で迎えた七回1死二、三塁では決勝点となる犠飛。工藤監督を、「普段やってきたことが出たね」と大喜びさせた。

 牧原は熊本・城北高から10年の育成ドラフト5位で入団。12年に支配下選手となった6年目の伏兵だ。3億3000万円の内川を筆頭に2億7000万円の柳田、2億2000万円の松田ら高額所得者がズラリと並ぶソフトバンクのこの日のスタメン野手9人の平均年俸は、実に1億6200万円。その中で最安となる1300万円の“脇役”が、渋い働きでチームを勝利に導いた。

 しかも、牧原はこの日が約1カ月ぶりの一軍出場。選手層が厚すぎる、と改めて他球団から嘆息が漏れてきそうな試合だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る