• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最安年俸の牧原が全打点 ソフトBの選手層に他球団ため息

 強いわけだ。

 ソフトバンクが連敗を止めた昨15日のオリックス戦。全打点を叩き出したのが、「9番・右翼」で先発した6年目の牧原大成(23)である。

 三回無死一、三塁の場面で先制のセーフティースクイズ。「得意で自信があった。ずっと練習してきたことが生きた」と自画自賛した小技は、投手と一塁手の間に絶妙な強さで転がった。1-1で迎えた七回1死二、三塁では決勝点となる犠飛。工藤監督を、「普段やってきたことが出たね」と大喜びさせた。

 牧原は熊本・城北高から10年の育成ドラフト5位で入団。12年に支配下選手となった6年目の伏兵だ。3億3000万円の内川を筆頭に2億7000万円の柳田、2億2000万円の松田ら高額所得者がズラリと並ぶソフトバンクのこの日のスタメン野手9人の平均年俸は、実に1億6200万円。その中で最安となる1300万円の“脇役”が、渋い働きでチームを勝利に導いた。

 しかも、牧原はこの日が約1カ月ぶりの一軍出場。選手層が厚すぎる、と改めて他球団から嘆息が漏れてきそうな試合だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る