最安年俸の牧原が全打点 ソフトBの選手層に他球団ため息

公開日:  更新日:

 強いわけだ。

 ソフトバンクが連敗を止めた昨15日のオリックス戦。全打点を叩き出したのが、「9番・右翼」で先発した6年目の牧原大成(23)である。

 三回無死一、三塁の場面で先制のセーフティースクイズ。「得意で自信があった。ずっと練習してきたことが生きた」と自画自賛した小技は、投手と一塁手の間に絶妙な強さで転がった。1-1で迎えた七回1死二、三塁では決勝点となる犠飛。工藤監督を、「普段やってきたことが出たね」と大喜びさせた。

 牧原は熊本・城北高から10年の育成ドラフト5位で入団。12年に支配下選手となった6年目の伏兵だ。3億3000万円の内川を筆頭に2億7000万円の柳田、2億2000万円の松田ら高額所得者がズラリと並ぶソフトバンクのこの日のスタメン野手9人の平均年俸は、実に1億6200万円。その中で最安となる1300万円の“脇役”が、渋い働きでチームを勝利に導いた。

 しかも、牧原はこの日が約1カ月ぶりの一軍出場。選手層が厚すぎる、と改めて他球団から嘆息が漏れてきそうな試合だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る