リオ辞退ほのめかした松山に「プロの使命」と出場望む声

公開日: 更新日:

 現地で流行するジカ熱に「誰からも情報が入らない。そんな状態で行けと言われても不安」と心が揺れ動いている。

■海外では辞退選手に批判集中

 しかし松山が五輪不参加なら、日本ではゴルフ競技への関心は一気にしぼんでしまう。松山以外にメダルを期待できる選手がいないからだ。

 ゴルフ評論家の菅野徳雄氏は、「リオ五輪に出ようがやめようが松山の自由ですが、もし出なかったら“やっぱりカネにならないからか”とプロゴルファーのイメージは悪くなるでしょうね」と言って、こう続ける。

「金メダルを獲得してもツアー優勝のように多額の賞金を手にできないから、南アではG・プレーヤーが“いくらカネが欲しいんだ”と辞退した選手に腹を立てている。A・スコットにも豪州では批判が集中している。それと同じことは起きるだろう。ただ、日本ゴルフ界のためにメダル争いしてやろうというプロとしての矜持とか哲学が松山に欠けているのは確か。出場資格がありながら、その舞台に出ていかないのがプロとして問題なのです。ゴルフはおもしろいスポーツだということを五輪を通じて世界に発信できる絶好の機会であり、使命もある。松山は四の五の言わずに絶対に出るべきです」

 同じ日本代表でも女子プロから「ジカ熱は怖い」という言葉は聞かれない。だから、余計に松山が女々しく見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る