バレてしまったすれ違い 帰国の松山にJGTOが接触できず

公開日: 更新日:

「あれっ、日本にいたんだ?」とビックリした向きも少なくなかった。

 米ツアーが主戦場の松山英樹(24)がマスターズ直後、帰国していたからだ。香妻琴乃(24)と一緒に17日、神奈川県藤沢市のゴルフ練習場で、約4時間にわたりチャリティーサイン会を実施。しかし、急きょ開催が決まったことからアナウンスが徹底しておらず、場所も分かりにくかったため、集まったファンは約1000人だった。

 松山は世界ランク14位でリオ五輪出場が確実視されている。5月31日までに国立スポーツ科学センター(東京・北区)でメディカルチェックを受け、ユニホームの採寸を済ませるための帰国だった。どうせ日本に戻ってくるのなら、国内開幕戦に出場してくれたらよかったのにと、残念に思ったファンは多かったはずだ。

 では、なぜ松山は国内開幕戦に出場しなかったのか。マスターズで優勝争いを演じて7位。2年連続トップ10入りの松山が開幕戦に出場すれば、大いに盛り上がったのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る