バレてしまったすれ違い 帰国の松山にJGTOが接触できず

公開日: 更新日:

「あれっ、日本にいたんだ?」とビックリした向きも少なくなかった。

 米ツアーが主戦場の松山英樹(24)がマスターズ直後、帰国していたからだ。香妻琴乃(24)と一緒に17日、神奈川県藤沢市のゴルフ練習場で、約4時間にわたりチャリティーサイン会を実施。しかし、急きょ開催が決まったことからアナウンスが徹底しておらず、場所も分かりにくかったため、集まったファンは約1000人だった。

 松山は世界ランク14位でリオ五輪出場が確実視されている。5月31日までに国立スポーツ科学センター(東京・北区)でメディカルチェックを受け、ユニホームの採寸を済ませるための帰国だった。どうせ日本に戻ってくるのなら、国内開幕戦に出場してくれたらよかったのにと、残念に思ったファンは多かったはずだ。

 では、なぜ松山は国内開幕戦に出場しなかったのか。マスターズで優勝争いを演じて7位。2年連続トップ10入りの松山が開幕戦に出場すれば、大いに盛り上がったのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    トマトと並んで人気 キュウリを育てるための2つの注意点

もっと見る