ファン軽視いつまで 国内男子ツアーに早急な改革を促す声

公開日:  更新日:

「今回はゴルフ関係者で固めております」

 去る9日、松井功日本ゴルフツアー機構(JGTO)副会長(74)が青木功新体制のもと、初の主催試合となる「日本ツアー選手権森ビル杯」の記者会見で、執行部の体制について言及した。

 男子ツアーは1983年の年間46試合をピークに、今季は26試合(海外共催2試合を含む)まで減少。10年に1試合平均2万4292人(25試合)だった入場者数は昨季1万4018人と大幅に減った。「ゴルフ関係者で固めた」と胸を張る新体制は人気回復とツアー改革の緊急課題として、コースの難度アップと試合数の増加を掲げていたが、米ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏はこう言う。

「ゴルフは観戦に最も不向きな競技です。テレビ中継でも現地でも異なる選手のプレーは同時に見られません。しかも、日本のトーナメント会場はアップダウンがあったり、狭かったりと非常に歩きづらい。食事場所や売店、トイレも離れているし少ない。だからこそ、お金を出してチケットを買い、会場に足を運んでくれるファンのことを最優先に考えなければいけないのに、それを怠っている。米国には観戦向けに特化してつくられたゴルフ場、トーナメントプレーヤーズクラブ(TPC)が20カ所以上あります。米ツアー元コミッショナーのD・ビーマンが試合観戦した際、人垣で選手のプレーが見られなかったことを問題視し、設立されることになったのです。会場には多くのパビリオンが建てられ、入場チケットの一部は地元に還元され、町を挙げてのイベントになっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る