マスターズ連続トップ10で松山の“副収入”どこまで上がる

公開日: 更新日:

 昨年の5位に続く2年連続のトップ10入り。マスターズで連続1ケタ順位は日本人初の快挙。松山英樹(24)が、日本人男子プロ初のメジャー制覇を現実として意識させたのは間違いない。その効果は絶大だ。

 松山はプロに転向した13年に大手スポンサー企業5社と契約(現在は6社)。そのうち、3年6億円のレクサス、3年9億円のダンロップ、3年3億円のANAとの契約が今年中に切れる。まだ東北福祉大の学生だったプロ転向前の段階ですでにダンロップをはじめナイキ、ブリヂストン、テーラーメイドの日米大手用具メーカー4社が争奪戦を繰り広げ、米用具メーカーの中には年5億円のスポンサー料を提示したところもあったといわれている。

 結局、松山は中学時代から愛用するダンロップに対する信頼と恩義を優先したが、当時から年間5億円の“値”がつけられていたわけだ。大口スポンサー3社が契約更新を迎える今年、マスターズ2年連続トップ10の実績が、さらなる大金を動かすことになるのは間違いないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号