マスターズ連続トップ10で松山の“副収入”どこまで上がる

公開日: 更新日:

 昨年の5位に続く2年連続のトップ10入り。マスターズで連続1ケタ順位は日本人初の快挙。松山英樹(24)が、日本人男子プロ初のメジャー制覇を現実として意識させたのは間違いない。その効果は絶大だ。

 松山はプロに転向した13年に大手スポンサー企業5社と契約(現在は6社)。そのうち、3年6億円のレクサス、3年9億円のダンロップ、3年3億円のANAとの契約が今年中に切れる。まだ東北福祉大の学生だったプロ転向前の段階ですでにダンロップをはじめナイキ、ブリヂストン、テーラーメイドの日米大手用具メーカー4社が争奪戦を繰り広げ、米用具メーカーの中には年5億円のスポンサー料を提示したところもあったといわれている。

 結局、松山は中学時代から愛用するダンロップに対する信頼と恩義を優先したが、当時から年間5億円の“値”がつけられていたわけだ。大口スポンサー3社が契約更新を迎える今年、マスターズ2年連続トップ10の実績が、さらなる大金を動かすことになるのは間違いないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  8. 8

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る