マスターズ連続トップ10で松山の“副収入”どこまで上がる

公開日: 更新日:

 昨年の5位に続く2年連続のトップ10入り。マスターズで連続1ケタ順位は日本人初の快挙。松山英樹(24)が、日本人男子プロ初のメジャー制覇を現実として意識させたのは間違いない。その効果は絶大だ。

 松山はプロに転向した13年に大手スポンサー企業5社と契約(現在は6社)。そのうち、3年6億円のレクサス、3年9億円のダンロップ、3年3億円のANAとの契約が今年中に切れる。まだ東北福祉大の学生だったプロ転向前の段階ですでにダンロップをはじめナイキ、ブリヂストン、テーラーメイドの日米大手用具メーカー4社が争奪戦を繰り広げ、米用具メーカーの中には年5億円のスポンサー料を提示したところもあったといわれている。

 結局、松山は中学時代から愛用するダンロップに対する信頼と恩義を優先したが、当時から年間5億円の“値”がつけられていたわけだ。大口スポンサー3社が契約更新を迎える今年、マスターズ2年連続トップ10の実績が、さらなる大金を動かすことになるのは間違いないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る