• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロレスラー中島洋平 メキシコ修業時代はギャラ“200円”

 全日本プロレス期待の若手レスラーは、メキシコでの修業時代、レスラーならではの貧しい生活を繰り返して……。

 2004年、「闘龍門」という団体に入門したら、3カ月後に団体が分裂してクビになって。地元の函館に戻ってバイト生活をしてから再び上京、他の団体の練習生になりました。20歳の時、メキシコに渡り、単身で修業を始めてからがスゴい貧乏。金はないし、メキシコ生活には慣れないしで、大変でしたね。

 メキシコはプロレスが盛んで、スターレスラーは年間1億円とか稼ぎますけど、僕の場合、試合のギャラが安い時だと20ペソ。1ペソが10円くらいなんで、200円(笑い)。物価が安いとはいっても、タコスが15ペソするので、タコス食って終わり。バス代も15ペソくらいしたし。メキシコには街の至る所にプロレスの道場があって、お金を払って練習に通うんですけど、1回の使用料が50ペソで試合のギャラよりはるかに高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る