プロレスラー中島洋平 メキシコ修業時代はギャラ“200円”

公開日:  更新日:

 全日本プロレス期待の若手レスラーは、メキシコでの修業時代、レスラーならではの貧しい生活を繰り返して……。

 2004年、「闘龍門」という団体に入門したら、3カ月後に団体が分裂してクビになって。地元の函館に戻ってバイト生活をしてから再び上京、他の団体の練習生になりました。20歳の時、メキシコに渡り、単身で修業を始めてからがスゴい貧乏。金はないし、メキシコ生活には慣れないしで、大変でしたね。

 メキシコはプロレスが盛んで、スターレスラーは年間1億円とか稼ぎますけど、僕の場合、試合のギャラが安い時だと20ペソ。1ペソが10円くらいなんで、200円(笑い)。物価が安いとはいっても、タコスが15ペソするので、タコス食って終わり。バス代も15ペソくらいしたし。メキシコには街の至る所にプロレスの道場があって、お金を払って練習に通うんですけど、1回の使用料が50ペソで試合のギャラよりはるかに高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る