日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロレスラー中島洋平 メキシコ修業時代はギャラ“200円”

 全日本プロレス期待の若手レスラーは、メキシコでの修業時代、レスラーならではの貧しい生活を繰り返して……。

 2004年、「闘龍門」という団体に入門したら、3カ月後に団体が分裂してクビになって。地元の函館に戻ってバイト生活をしてから再び上京、他の団体の練習生になりました。20歳の時、メキシコに渡り、単身で修業を始めてからがスゴい貧乏。金はないし、メキシコ生活には慣れないしで、大変でしたね。

 メキシコはプロレスが盛んで、スターレスラーは年間1億円とか稼ぎますけど、僕の場合、試合のギャラが安い時だと20ペソ。1ペソが10円くらいなんで、200円(笑い)。物価が安いとはいっても、タコスが15ペソするので、タコス食って終わり。バス代も15ペソくらいしたし。メキシコには街の至る所にプロレスの道場があって、お金を払って練習に通うんですけど、1回の使用料が50ペソで試合のギャラよりはるかに高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事