投げて日本最速、15戦連続安打も 大谷“二刀流”進化の源泉

公開日:  更新日:

 5日、巨人戦の四回に日本最速となる163キロをマークした日本ハムの大谷翔平(21)。

 投げては巨人打線を6安打2失点に抑えて4勝目(4敗)。打っては三回に中堅へ犠飛を放つと、六回には右前打。連続試合安打を「15」に伸ばした。

 5番・投手でスタメン出場して、投打で勝利に貢献。投げても打っても注目される前代未聞の二刀流選手として着実に階段を上っているのは本人の性格やこれまでたどった足跡、周囲の環境が大きく影響している。

 大谷は12年のドラフト1位で、岩手の花巻東から北海道を本拠地にする日本ハムへと進んだ。

 当初、直接メジャー行きを志願していた大谷に対して、日本ハムは「二刀流」を提案して本人の心をくすぐった。

 高校時代の大谷は、プロから打者として評価された。3年時に160キロを投げて注目されたものの、「球は速くても打たれる」というのが日本ハム以外の評価。日本ハムは投手として完全燃焼していないという本人のプライドを尊重し、それなら投手も野手も両方やってみればと提案した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る