• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投げて日本最速、15戦連続安打も 大谷“二刀流”進化の源泉

 5日、巨人戦の四回に日本最速となる163キロをマークした日本ハムの大谷翔平(21)。

 投げては巨人打線を6安打2失点に抑えて4勝目(4敗)。打っては三回に中堅へ犠飛を放つと、六回には右前打。連続試合安打を「15」に伸ばした。

 5番・投手でスタメン出場して、投打で勝利に貢献。投げても打っても注目される前代未聞の二刀流選手として着実に階段を上っているのは本人の性格やこれまでたどった足跡、周囲の環境が大きく影響している。

 大谷は12年のドラフト1位で、岩手の花巻東から北海道を本拠地にする日本ハムへと進んだ。

 当初、直接メジャー行きを志願していた大谷に対して、日本ハムは「二刀流」を提案して本人の心をくすぐった。

 高校時代の大谷は、プロから打者として評価された。3年時に160キロを投げて注目されたものの、「球は速くても打たれる」というのが日本ハム以外の評価。日本ハムは投手として完全燃焼していないという本人のプライドを尊重し、それなら投手も野手も両方やってみればと提案した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る