日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リーゼントボクサー和気慎吾 ビッグマウスはアリかカメか

「和気慎吾を知らない人をこの試合で魅了する。リーゼントが崩れて誰?となる前にぶっ倒す」

 こう豪語したのが、IBFスーパーバンタム級1位の和気慎吾(28)。異色のリーゼントボクサーは、スピードを武器とした左のボクサータイプだ。7月20日に同級2位のジョナタン・グスマンとの王座決定戦が決定し、自身初の世界戦に臨む。

 実力の伴わないビッグマウスほどむなしいものはない。亀田一家は散々大口を叩きながらも羊頭狗肉。口で話題をつくることしかできない、弱い王者だった。

 その点、先日死去したモハメド・アリは常に有言実行。どんなに大言壮語をしようとも、必ず最後にリングに立ち、大ボラを実現させてきた。

 和気はアリか、それともカメか。その答えが出るのは、もうすぐだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事