リーゼントボクサー和気慎吾 ビッグマウスはアリかカメか

公開日:  更新日:

「和気慎吾を知らない人をこの試合で魅了する。リーゼントが崩れて誰?となる前にぶっ倒す」

 こう豪語したのが、IBFスーパーバンタム級1位の和気慎吾(28)。異色のリーゼントボクサーは、スピードを武器とした左のボクサータイプだ。7月20日に同級2位のジョナタン・グスマンとの王座決定戦が決定し、自身初の世界戦に臨む。

 実力の伴わないビッグマウスほどむなしいものはない。亀田一家は散々大口を叩きながらも羊頭狗肉。口で話題をつくることしかできない、弱い王者だった。

 その点、先日死去したモハメド・アリは常に有言実行。どんなに大言壮語をしようとも、必ず最後にリングに立ち、大ボラを実現させてきた。

 和気はアリか、それともカメか。その答えが出るのは、もうすぐだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る